生活に困って消費者金融から借金をしてしまいました

2019.03.13 更新

会社員

借入先業者名
借入額
100万円
借入期間
4年
毎月の返済額
3万5000円

借金をしてからの、生活や環境の変化

プロミスから50万円、アコムから30万円、楽天銀行から20万円の借金をしていました。借金をした頃は、ボーナスや給料からいっきに返せばいいやと思っていたのですが、自分が想像していたよりも利息が毎月のように高かったです。利息を減らすためには元本を減らさないことには、借金完済の道がないため、とにかく節約の日々を送るようになりました。節約した部分は、まずは食事に関しては外食を一切することなく、全て自炊するようになり、自分は今まで料理をしたことはないので、食事があまり美味しくなく苦しみました。飲み物もずっと麦茶で生活をしてきたので、食事に関しての自由は一切奪われてしまい、ストレスが溜まる一方です。他にも会社の同僚との飲み会もすべて断り、人間関係も悪くなりました。

毎月の支払いができずに支払い通知書の手紙が届きました。

<督促方法>電話と郵便での手紙
<督促の詳細>私が会社に出勤しているときに督促の電話がきました。内容としては、利息だけでも支払わないと弁護士に訴えるといったもので、ただ、自分も会社の業績が悪化してしまい、給料減額とボーナスがカットされたので、その旨を金融会社に伝えて、一応は相談に乗ってくれました。ただ、滞納料とかも上積みされて、月々の返済額はそのままですが、支払う期間が長くなりました。また、もし次回、滞納した場合は即刻、弁護士から通知がきて、家にあるものを差し押さえたり、一括請求すると業者から言われ、精神的にも苦しかったです。また、業者からはなるべく裁判沙汰にはしたくないということを伝えられて、友人や家族からお金を借りることができないのであれば、債務整理をするなり、自己破産をしてくださいとやんわりと説教されました。

給料が入ったときに最優先で利息を支払いました。

業者から電話があったときは、一時しのぎのために利息分を支払いましたが、今後のことを考えると自分には借金を返済する能力がないので、弁護士に相談することにしました。相談した結果、債務整理をして、もしかしたら過払い金として、お金が多少戻ってくるかもしれないと言われたのですが、実際にはお金は戻ってくることがなく、債務整理をして、一時的に借金の支払いを止めることになりました。そして、3ヶ月後に弁護士事務所から連絡があり、金融会社と和解することになり、毎月、定められた金額を入金するように言われて、もし、この入金が1日でも遅れることがあるのであれば、金融会社側に一括請求する権利が与えられ、一括返済する能力がない自分は必ず給料が入ったら、入金するようにしました。最終的には自分でどうしようもなくなったら、弁護士に相談して自分は良かったなと思っています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理後はローンやキャッシングなど借り入れできない!どうして…

目次債務整理後でもお金を借りたい!審査はいつ通る?原則5年間…

ライフカードの借金を債務整理する前に!気をつけておくべきポイント

目次ライフカードの特徴ライフカードの借金を債務整理するとき…

債務整理するべき基準と知らなきゃ損する年収との関係

目次債務整理はどのタイミングでするのがベストか債務整理する…

楽天銀行の債務整理体験談

個人再生で1000万円の借金が300万円に減額

借入額7社から約1000万円

弁護士に相談してよかったです

借入額220万円

保証人になってはいけないと遺言に残したい

借入額7社から約1000万円

毎日の不安感がなくなりました

借入額150万円