マンションを騙されて購入させられ、借金を背負うようになりました

2019.04.09 更新

OL

借入先業者名
借入額
2430万円
借入期間
8年6ヶ月
毎月の返済額
7万6千円

借金をしてからの、生活や環境の変化

私は、婚カツサイトのパーティに参加した時にマンションの投資に向いていると言われたのがきっかけで、新築のマンションを購入することにしました。ローンを支払っていても家賃収入があればプラスになるし、維持していけると言われ、迷わずに購入することにしました。
私が購入したのはワンルームのマンションで、駅チカの日当たり良好で何も問題ありませんでした。しかし、私が契約したはずのマンションは違う人が前から所持しており、私の物件とはなっていませんでした。渡された鍵も全く違う鍵となっていて、そこで騙されたと確信したのです。
すぐに契約した銀行に問い合わせを行いましたが、違う名目で商品を購入されており、それも売却されていて証拠となるものは何も残っていなかったので取消までには行きませんでした。
そして、仕方なく支払っていましたが、フリーターの私には払い切れずに滞納する期間も目立つようになりました。

催促の連絡は手紙や電話で通知がきて、暫く滞納していたら裁判沙汰になることを言われました

<督促方法>電話・手紙の督促と最終的には給料差し押さえ
<督促の詳細>初めて返済が滞ったのは支払い初めて半年後でした。私は支払うつもりでいましたが、口座へ入金するのを忘れており、返済日が過ぎていました。ところが、数日経っても連絡が来なかったため、そのままにしてみようと振り込まずにいました。そして次の支払日間近になり、ようやく連絡が来ました。そして、前回引き落としが出来なかったので、今月の返済日に2ヶ月分入金してくださいと言われ、切られました。2ヶ月分どころか、払わなくても大丈夫かもしれないという気持ちから毎月の返済分まで使用していて1ヶ月分もありませんでした。なので、中途半端なお金を入れておきましたが、当然引き落とされませんでした。そして、2週間後、手紙で督促状が届き、催促の内容と滞納し続けると訴訟を起こして裁判することとなると記載されていたので、あわてて連絡しました。そして状況を伝え、会社へ連絡して給与差し押さえ申立書を送付しますと言われました。

上司に呼び出され、ことの経緯を全て説明して、通告通り控除してもらうようになりました。

会社の上司に呼ばれて、全ての経緯を説明しました。給与の1/4を差し押さえるように通達があったので、会社としてはその通りに事を進めていくからと言われ、仕方ないことかと諦めていたのですが、総務課の上司に、これって詐欺に遭っているんだから支払う必要はないんじゃない?と言われ、司法書士に相談してみることを勧められました。
そして、勇気を出して司法書士連合会の相談センターに電話をしてみることにしました。全て説明をした段階で、詳しく調査をしなければならないので、指定の日時に事務所に来るように伝えられました。ドキドキしながら事務所を訪ねてみると、司法書士の方が待っており、相談を受けてもらいました。
そして、銀行の方と交渉をしてもらい督促を止めてもらうことになりました。そして裁判などで判決が出るまで時間は掛かりましたが、支払う義務が無いことを証明され、借金は無くなりました。今までに支払った分も返金されることとなったので、相談して良かったと思っています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

三井住友銀行の借金返済体験談

忘れられない人生の汚点

借入額150万円

家のローンを返せなくなってしまいカードローンに頼るようになりました

借入額50万円

生活費が足りなくなってカードローンを利用した。

借入額100万円