ギャンブルでお金をなくし借金をしました。

2019.03.25 更新

借入先業者名
借入額
230万円
借入期間
2年4ヶ月
毎月の返済額
12万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

ギャンブルがきっかけで借金をするようになりましたが、最初の1社目からお金を借りるときは、期限までに返済することができたのでそこで自信が出てしまったのです。2回目に同じところから借りたときには、次も大丈夫だろうと言う過信があり、すべてをギャンブルにつぎ込んでしまいました。ですがそれが仇となり、返済ができなくなりました。その時ぐらいから自分に自信が持てなくなってきたのです。借金を借金返済するようになると、将来が全く見えなくなってきました。お金がなくなるだけでなく、人から催促を迫られるとこれほどまでにきついものかと思ったのです。複数の会社から催促をされるようになってからは、青木ヶ原に行こうと真剣に考えていました。これ以上生きることに希望を見出せなかったからです。

すでに借金が200万円以上あり、返済できない状態でした。

<督促方法>手紙での督促状と電話
<督促の詳細>最初に延滞したときは、督促状が来ました。ポストに入っていた督促状は、特に裁判で訴えるといったような内容ではなく、延滞しているのでできるだけ早く支払って下さいと言うものです。確かにその通りですが、そもそも私には支払うお金がありませんでした。さらに延滞すると、次にはより厳しい内容の督促状が届いたのです。それだけでなく、毎日のように電話が鳴るようになりました。電話に出て今は返済できない旨を話しても、期限を延ばしてくると言う事はありませんでした。結局、その月も支払えずに仕事に追われていると、催告書が届いてしまったのです。これ以上返済が遅れると、法的手段に訴えるという内容でした。さすが法的手段だけは勘弁して欲しいと思ったのが正直なところです。

ネットで調べて弁護士事務所に電話しました。

私には、自分の身の回りに借金をした人はいませんでしたので、参考になる人が誰もいなかったと同時に、相談することができずに孤独だったのです。スマートフォンでインターネットを見てみると、同じような体験をした人が数多くいました。それらの人は、弁護士か司法書士を頼っていたと言うことで、私もそのサイトに出ている広告の弁護士事務所に思い切って電話をしてみたのです。弁護士さんは、丁寧に私の話を聞いてくれて、ある提案をしてくれました。それは、任意整理です。任意整理をすることで、債務の減額が期待できると言うことでした。ただし、5年間ほどは、ヤミ金などを除いてどこからも借りるすることができないと言うことだったのですが、借り入れ癖がついている私としては、逆にありがたかったので、二つ返事で承諾をしました。結果的に債務は35万円ほど減額できてありがたかったです。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

取引期間が短いと、借金の任意整理はできないの?

目次取引期間が短い場合でも借金を任意整理するメリット短い取…

知っておいて損はない、借金額と債務整理の「微妙な」関係

目次手続きの種類と目的、債務者の状況で債務整理の効果は変わ…

学生の債務整理カンタン解説 返せない借金の相談先は?

目次任意整理とは?大学生でも手続きすることはできるの?奨学…

楽天カードの債務整理体験談

ママ友との付き合いの為、借金。

借入額300万円

マイホームで暮らせます。

借入額200万円

友達の借金を肩代わりして借金地獄になりました。

借入額310万円

スロットに行きたくて借金をしていました

借入額220万円

クレジットの買物や外食で借金が増えました。

借入額200万円

家のローンに追われて生活費をのためにキャッシングをしました

借入額150万円