元夫のDVから逃げる為、借金

2019.04.09 更新

アルバイト・パート

借入先業者名
借入額
100万円
借入期間
3年間
毎月の返済額
2万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

元夫に膝蹴りをされた日、この人から逃げたいと強く思いました。しかし親に相談すると、実家に帰っても連れ戻される危険があるので誰も知らない場所で一人暮らしの方が良いと言われたのです。親も私も貯金が無い為、借金の100万円は次のアパートの資金に全て使いました。そうして始めた一人暮らしなので、生活費と借金返済を稼ぐ必要があります。その為朝から夕方は弁当屋、夜は内職と、コツコツ仕事を頑張りました。食事は弁当屋の廃棄を貰いましたが、皆にクスクス笑われながら貰う弁当は屈辱でした。頭の中はいつも寒い、お腹空いたばかりで、昔の様に服やテレビ等に対する興味は無くなりました。そんな娯楽一切なしの節約生活だったので、もう死にたいと何度も思いました。何で私ばかりこんな思いをと、悔しくて涙が止まらない日も多かったです。

風邪をひいてバイト代が激減し、借金返済が出来なくなった。

<督促方法>郵便で催促状が2通の後、電話で督促
<督促の詳細>極度の節約生活は私を心身ともに弱らせ、インフルエンザになってしまいました。2日で熱は下がりましたが、弁当屋から治った後1週間自宅待機と言われたのです。結局インフルエンザ期間と合わせて2週間仕事に行けず、日給月給だったので翌月の給与は半分になりました。そんな状態では食べるのがやっとなので、返済は無理です。払えずにいると最初は支払い催促の旨が2通、手紙で届きました。それでも支払うお金が無いので怖くて連絡できずにいると、次は携帯に何度も電話がかかってくる様になりました。嫌々ながらに電話に出ると、連絡無しに支払いが滞ったので一括で返済してほしいと淡々と言われました。難しい場合は法的手段に出ると言い残し電話は切れ、私はまずい事になったと呆然としました。

弁当屋の店長に前借りを頼んだが断られ、弁護士をすすめられた。そして弁護士に、相談に行った。

弁当屋の店長にお金を貸してほしいと言うと、店長は私の生活に無理があると言いました。今の生活のまま借金返済なんて身体がもたないだろうから、目先のお金を借りるのでは無く弁護士に相談すると良いと言うのです。そうして店長は借金に強い弁護士事務所を紹介してくれたので、行く事にしました。弁護士に話をすると貴方の場合利息が無くなれば完済できるのでは、との事で任意整理を提案されました。任意整理をすれば弁護士が仲介に入るので督促の電話が無くなる上、支払う意思を見せる事で一括請求は無効になるとの事です。料金は分割で良いと言われた事もあり、藁にもすがる思いで依頼しました。それからは本当に督促や一括請求の電話は無くなり、コツコツ返済しているうちに借金を支払い終える事が出来ました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

総量規制の対象になったら債務整理を検討するべき?

目次総量規制の基本総量規制の条件総量規制のおまとめローンへ…

楽天カードを任意整理すると審査はどうなる?

目次楽天カードの借入を任意整理するメリット3~5年で無理なく…

任意整理を弁護士や司法書士などの専門家に断られるケース

目次弁護士・司法書士に任意整理の手続きを断られる3つの理由【…

アコムの債務整理体験談

毎日悩んでいた借金が無くなって債務整理をして良かったです/43歳パート

借入額120万円

旅行が好きで借金までしました。

借入額120万円

ストレスからパチンコを再開して、熱中してしまい借金をしました。

借入額150万円

ギャンブルがきっかけで借金をしました。

借入額200万円

副業に失敗してしまい借金を抱えました。

借入額120万円

一人で悩まず相談して良かった。

借入額200万円