家業の業績不振で多重債務を抱えていた父親を助けるための借金

2019.03.25 更新

OL

借入先業者名
借入額
200万円
借入期間
8年4ヶ月
毎月の返済額
7万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

家業の経営が悪化し、多重債務を抱えていた父親は私に度々お金を借りに来ました。貯金がなくなると、消費者金融にお金を借りてほしいと言ってきました。断ることもできず消費者金融にお金を借りて100万円を父親に渡しました。毎月の返済は一定ですし、返していけると安易に思っていました。ですが半分以上は利息ですし、返済は大変で支払日にお金が足りないと、また新たな業者に借り入れをしました。そうするうちに、私も多重債務者になってしまったのです。返済日には業者をはしごして借り入れと返済を繰り返しました。当時は業者のATMで返済と借入をしていましたから、30分以上先にあるATMへ自転車をこいではしごして行き来したり、本当に情けない思いでした。生活はいつもギリギリで追い込まれていました。

給料日前でお金がないとには返済日に遅れていました。

<督促方法>電話で督促
<督促の詳細>返済日に支払わなかったら、1日や2日後に携帯電話に業者から電話がかかってきました。出れない時は留守番電話にメッセージが入っていました。さらに次の日に電話がかかってきて、携帯電話に直接出なかったら職場に電話がかかってきました。そして、今日中に払うと約束しました。返済額が払えず利息だけを払いました。それから携帯電話に一回かかってきた時点で、払うことを伝えれば、職場には電話はかかってきませんでした。職場にはばれたくなかったので、遅れても利息だけを払うようにしました。当たり前ですが、その状態だと元金は減りませんから、借金が一生続くのではないかと悲観するようになります。周りは結婚して幸せそうなのに、私は借金があるのでそれを返さない限り幸せにはなれないと絶望していました。

過払い金請求というのを知り、司法書士事務所に相談に行きました。

携帯電話はガラケーを使用していましたが、壊れたのでスマートフォンに機種変更しました。そして今まで利用していなかったインターネットをし始めたのです。たまたま法律事務所の広告バナーで過払い金請求のことを知り、色々調べるうちに、私の支払いしている利息が違法金利で、過払いがあるかも知れないと思いました。司法書士事務所に相談に行くと、思った通り過払いがあるということで債務整理を依頼しました。調査してもらった結果、過払いだけではなく過払い金も発生していて、借金は0になり、過払い金50万円を手にすることができました。司法書士事務所に相談に行ったら、借金問題が見事に解決したのです。もう、返済日に金策をしないで良いですし、電話に怯えることもありません。背負っていたものがなくなり気持ちが軽くなりました。今では幸せになるために、料理を習ったり、将来にお金を使えることができ、希望のある日常を楽しんでいます。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理すると家族に迷惑をかける?家族への影響と注意点について…

目次どの債務整理を選ぶかで家族への影響は異なる任意整理が家…

法テラスなら安く債務整理できる?利用方法や注意点を解説

目次法テラスとは?法テラスの「民事法律扶助」とは?民事法律…

弁護士に債務整理の依頼をする前に…知っておきたい費用や探すポイン…

目次債務整理の手続きを弁護士に依頼するメリット5つ1.最適な…

プロミスの債務整理体験談

予想以上に費用が安かったです。

借入額80万円

任意整理ですべてに安心感

借入額300万円

駄目な教育者の私生活

借入額200万円

借金額がグッと減って無理無く返済が出来る様になりました/35歳会社員

借入額210万円

任意整理をすることで満足/29歳会社員

借入額80万円

債務整理で長年の借金ストレスが解消されました

借入額90万円