生活費が足りなくなり、借金しました。

2019.03.25 更新

会社員

借入先業者名
借入額
210万円
借入期間
2年4ヶ月
毎月の返済額
10万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

わたしは、不摂生な生活をしていたことから体調崩し、しばらく会社を休んでいましたので、生活費が足りなくなってきました。もともと貯金も少なかったと言う理由もあります。借金をしてからの生活はする前と大きく変わりました。まだ最初の借金は期限通りに返済できたのでよかったのですが、途中で再び体調崩してしまい、会社を長期的に休まざるをえませんでした。そうすると、給料が入ってこなくなるため、借金の返済ができずに別の業者から借金をすることになり、お金を右から左に流しているだけの自転車操業と呼ぶにふさわしい生活に変化しました。その時は精神的にかなり追い込まれてきました。独身というのも精神的に追い込まれた理由かもしれません。頼る身内が誰もいなかったことも、大きかったのでしょう。債務額が私の年収並みになったときには、もはやどうすることもできず、首吊りをするか電車に飛び込むかで迷ったほどです。

支払いを遅延してから1ヵ月後でした。当然払うお金もありません。

<督促方法>郵便だけでなく電話でも督促
<督促の詳細>初めて督促状が来たのは、支払いを遅延してから1ヵ月目のことでした。この時は、払えると思っていたのですが、通帳に必要十分なお金がなかったため払うことができなかったのです。2ヶ月目には同じように、督促状が来ましたが、こちらの文面は少し厳しい内容でした。今すぐにでも支払ってほしいと言わんばかりの文面です。それでも支払う余裕がなかったため、3ヶ月が経過した頃にはついに法的手段に出ると言う事が書かれた書類が届いたのです。後から聞いたら、その書類は催告書と言うもので、時効消滅を止めるために債権者が内容証明郵便で出すものだそうです。督促は電話でも行われました。1日に3回から4回、多い時では5回も同じ業者から電話があり、わたしはややノイローゼ気味だったのです。

4ヶ月が経過した時弁護士に相談をしました。

延滞をしてから4ヶ月近くが経ち、詰め将棋で追い込まれたように、とうとう私は人生が破綻したのだと感じるようになりました。ある日、自己破産した友達にどのような方法で解決したかを聞いてみたところ、弁護士に相談したと言うことでした。そこで、その友人とお世話になった弁護士に相談をしてみたのです。弁護士に相談するのは初めてでしたが、難しい法律問題を易しく教えてくれました。具体的な解決方法としては、個人再生をするということでした。これにより、債務額がかなり減額されるというわけです。ただ、5年ぐらいはお金を借り入れることができないと聞きましたが、それでもあえて私は個人再生を選びました。今の債務がなくなることのほうがよほど喜びが大きかったからです。個人再生の結果、返済期間が2年ほど伸び、債務額は5分の1まで減らすことができたのです。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理の郵便物はどこに届く?

目次債務整理を依頼すると、債権者からの督促も止まる専門の弁…

車ローンを債務整理対象にするとどうなる?完済後の審査は?

目次車のローンを債務整理の対象にすると、愛車はどうなる?債…

弁護士に債務整理の依頼をする前に…知っておきたい費用や探すポイン…

目次債務整理の手続きを弁護士に依頼するメリット5つ1.最適な…

プロミスの債務整理体験談

突然身に降りかかってきた借金は、一人で抱え込むよりも専門家に相談した方が安心だとわかりました

借入額450万円

病気により入院費と治療費がかかり借金をするようになりました

借入額340万円

債務整理って難しくなかった。

借入額120万円

学生の頃から消費者金融で借金をしていました

借入額180万円

当時の毎月の収入16万円、サラ金を中心に200万円の借金

借入額200万円

ゲームにはまってしまい、借金生活になりました。

借入額305万円