パソコンをショッピングローンで買おうとしたら、申し込むとクレジットカード契約も一緒にするタイプのもので、カードの分割払いで買ったことになりました。それでカード会社への債務が発生しました。

2019.02.06 更新

無職

借入先業者名
借入額
20万円
借入期間
2年間
毎月の返済額
2万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

仕事をやめて収入がないのにジャックスカードを使い続けたため、毎月、カードの利用残高は限度額の20万円まで達していました。いつもカードでは分割払いを利用したので、毎月の返済額は2万円ぐにいでしたが、返済することができませんでした。督促の電話には怖くて出られず、督促の郵便が送られてくるようになり、苦しかったです。郵便には「このままだと法的手段を執る」ということが、わざと大きく赤い文字で書かれていてさらに怖くなりました。
自分が家におらず、親だけがいるときは、ジャックスからの督促電話を親が受けたので、債務の存在はすぐにばれました。直接的にではないですが、息子さんの借金、どうにかなりませんかと言われたようです。親は「自分には関係ないから」と言って電話を切ってたそうですが、会話の内容を自分に報告してくるのでいたたまれない気持ちになり、家の雰囲気は真っ暗になりました。

自分が自宅にいるときに午前、午後と督促の電話がかかってきました。

<督促方法>電話での督促と郵便での督促状
<督促の詳細>郵便での督促は、返済が遅延していくにつれて内容が変化していきました。最初のうちは「今月分をこの日までに振り込んでください」というものだったのが、「一括で返済してください」に代わり、最終的には「現在の状況に困惑している。このままだと近いうちに法的手段を執る可能性が高い」というものに変わりました。電話での督促は、自分が出ないときは一日、二回から三回かかってきました。出たときですが、最初のうちは女性が「返済してほしい」と言っていましたが、返済の遅延期間が長くなると男性が話すようになって、ものすごく低い声で「うちも困っているんですよ」「いつ返していただけるんですか?」と言ってくるので怖かったです。ただ、電話で法的手段を執りますよと言ってくることはありませんでした。

謝罪して払えるようになったら必ず払うと言いました。

親は「おまえがした借金なんだからおまえが返せ」としばらくは言っていましたが、仕方ないから助けてやろうと思ってくれたのか、債務を全額肩代わりしてくれました。その際、「全部でいくら返せばいいのか聞け」と言われたので、督促状に書かれている番号に電話して、「一括で返したいので正確な返済額を教えてほしい」と言ったら、電話に出た男性は普通に対応してくれました。もし、この男性が今までの督促電話をかけていたのであれば、声のトーンや口調の違いにかなりびっくりです。債務額を聞いて親に伝えると、翌日、親が銀行に行ってジャックスの口座に振り込んでくれました。
クレジットカードは返却するように言われて、とっくにジャックスに返していたので、全額返済した時点でジャックスとの関係は完全に切れたと思います。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

ジャックスの借金返済体験談