自営業をしていた当時の運転資金確保のために借金をしました。

2019.02.06 更新

自営業

借入先業者名
借入額
6000万円
借入期間
5年
毎月の返済額
27万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

借金をした時は不況で自営でやっていた会社が傾きかけていた時でした。最初は三井住友から1000万円の融資を受け、倒産を免れたと喜んだのですが、今度は融資の返済の目処がつかず返済のためにプロミスやアコムからも借金を重ねはじめたのが借金地獄の始まりでした。会社の運転資金としての借り入れで余裕もない状態でしたが、借金だけが膨らんでいく現実に家族間での意見の対立なども起こりました。私としては会社を残すためになんとか借金を重ねてでもやっていきたいと考えましたが、妻やその他の親類からは借金を重ねることには賛成できないと考えており、幾度も喧嘩をしました。その間にも借金はかさむばかりでどうしようもなくなっていきました。結果として会社は倒産し、借金だけが残りました。

会社が倒産し返済の目処が立たなくなったときです

<督促方法>最後は電話、その次には郵便での督促状でした
<督促の詳細>最初の電話が来たのは会社が倒産してから数日後のことでした。残務整理をしている最中にある金融機関から電話がかかってきて、会社の倒産したことについての確認と返済の目処について尋ねられました。その時は借金は必ず返すと返答しましたが、もちろん金策は何もありませんでした。それからいくつかの会社から立ち代わりに電話が来るようになりました。金融機関の方も正攻法での返済が不可能なのは承知だったとは思いますが返済時期が遅れた場合は差し押さえも視野に入れているとのことしでした。いよいよ借金の返済が不可能だとわかると、借金の額もかなり多かったので結局、訴訟による強制執行で差し押さえが行われました。とはいえ、もはや家に金になるようなものもなかったので回収金額は微々たるものでしかありませんした。

自己破産をすることにしました

ほぼ無一文の状態で借金は結局2000万ほど残ってしまったので、もはやこれまでということで自己破産することに決めました。金融機関からの督促は正当なもので、差し押さえに関しても裁判所での手続きを踏まえた正式なものでしたから文句のつけようがありませんでした。事前の調査で自己破産は最後の手段にした方がいいという記事を見ていたので、今までは決断できていなかったのですがついに自己破産を選ぶことにしました。手続きを始めた後に知ったのですが、自己破産の手続きを始めた後では強制執行はできなかったらしいので、決断が遅れたことは悔やまれますが後の祭りです。結局、借金は帳消しとなり手元には生活していけるだけのお金を残せてよかったと思っています。まだ免責決定の処置をいただいていませんから、借金などはできませんが、もう借金にはこりごりです。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

銀行のローンも債務整理で返済を減らすことができる!?

目次銀行のローンも「借金」と同じ仕組みです。銀行ローン以外…

債務整理でブラックリストに載ることによる生活への影響と対処法

目次債務整理をするとブラックリストに載るそもそもブラックリ…

知っておいて損はない、借金額と債務整理の「微妙な」関係

目次手続きの種類と目的、債務者の状況で債務整理の効果は変わ…

三井住友銀行の債務整理体験談

手形の知識は商売するなら必須です

借入額800万円

理想の結婚式を行うためのブライダルローンから借金が増えていきました

借入額300万円

姉の借金を肩代わりすることになり借金まみれに

借入額360万円

友人に勧められたビジネスで借金。成功せずに高額借金で返済困難に。

借入額160万円

当たり前の生活を取り戻せる、借金整理

借入額5000万円

自分のギャンブルや酒の浪費のために借金をするように

借入額180万円