生活費が足りなくなってカードローンを利用した。

2019.04.09 更新

主婦

借入先業者名
借入額
100万円
借入期間
6年間
毎月の返済額
5万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

主人から毎月生活費として10万円もらっていました。家賃や光熱費などは主人の口座からの引き落としで、内訳としては食費と雑費です。私は結婚するまで一人暮らしをしたことがなく、親からお金をもらって暮らしていました。ですから、10万円ではやりくりが出来ずにお金が足りないといったら主人から幻滅されると思って言いだせませんでした。足りない分は三井住友のカードローンを利用してちょこちょこお金を用意していたのですが、気付いた時には上限MAXに到達しており返済が厳しくなってしまいました。新たにお金を借りようと思ったのですが、専業主婦では審査が通らずで無理でした。三井住友は独身自体にカードを作っていて取引状況によってカードローンの上限が100万円になっていたので利用出来ていたのです。

自宅に支払いの督促の連絡があり、その都度支払を待ってもらっていました。

<督促方法>携帯に連絡
<督促の詳細>電話のみの督促だったのですが、4か月間ほど滞納したのちに自宅に通知が来るようになりました。主人にはこの段階ではまだバレていませんでした。相談したら主人が支払ってくれるとも思ったのですが、このことがキッカケとなり離婚問題に発展したらどうしようと悩んでしまい主人には内緒のまま、とりあえず連絡が来てもうまい事を言って支払いを先延ばしにしてもらっていました。当然利子はどんどん加算されて借金が膨らむばかりで焦りました。弁護士に相談するにもお金がなかったので、こっそり父親に連絡を取ってみて相談してみたのです。両親は自営業を行っているのですが、私が実家にいたころは割と裕福な家庭でした。こんなことになる前に相談すれば良かったのですが、結果的に事後報告になってしまいました。

父親に相談してお金を用意してもらった。

自宅へ督促通知が来るようになって主人にバレるのが怖かったので、父親に連絡を取って事情を伝えたら何故もっと早く言わなかったのだと叱られましたが、すぐに口座に100万円振り込んでくれました。6年ほど借りては返済してを繰り返していたので、支払ったお金は相当だったと思います。残りの金額が85万円程度だったので、業者に連絡して一括で支払いをしても良いかを確認して繰り上げ返済を行いました。この歳になってまでも親に助けてもらって情けない気持ちですが、このことがあってから主人に毎月の生活費が足りないという事を伝えて今まで10万円でやってきたものを15万円に引き上げてもらいました。借金をしたことは主人には今もナイショにしています。滞納してしまった事実があるので今度しばらくはお金が借りれませんが、今後は借金せずにやっていきたいと思っています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

三井住友銀行の借金返済体験談

マンションを騙されて購入させられ、借金を背負うようになりました

借入額2430万円

家のローンを返せなくなってしまいカードローンに頼るようになりました

借入額50万円

忘れられない人生の汚点

借入額150万円