最初は急な出費に対応するためで、安定した収入状況だったので返済も余裕でしたが仕事が変わったことをきっかけに生活費として借金することになりました。

2019.03.22 更新

会社員

借入先業者名
借入額
200万円
借入期間
3年
毎月の返済額
5万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

アコム、レイク、アイフルは上限いっぱいの50万円ほど借金をしていて、OMCカードはクレジットカートでローンとキャッシングで合わせて30万円ほどありました。総量規制のかかる前だったので、収入に見合った借金額ではありませんでした。毎月返済していたものの利息高かったので、ほとんど減りませんでしたし、仕事が変わってから収入が減ったため返済する度に、限度額までの借り入れを繰り返すようになり借金がほとんど減りませんでした。クレジットカードはリボ払いで一品ごとの返済が重なり一ヶ月の返済額が数万円になっていて、払いきれる状況じゃなくなっていました。滞納が三ヶ月続くと催促が厳しくなってきて、クレジットカードは解約になりましたし、消費者金融系は一括請求の手前までいき生活環境は悪化して、借金を借金で返すような状況になっていました。

支払日を過ぎると催促の電話がありました。

<督促方法>電話・郵便での催促
<督促の詳細>初めて支払日を過ぎたときは、まずは電話で催促がきましたが、継続的に支払い続けていたこともあり、状況を説明することでこちらが指定した期日まで待ってくれたところもありました。実際には待ってもらっても支払いはできない状態にあり、何とかつくったお金で利息分だけを支払うことで対処してもらったこともありましたが、それも次第に追いつかなくなっていき電話に出るのが嫌になってしまい放置していると自宅に郵便物が届き、会社に電話してきた業者もありました。2ヶ月を過ぎると放置すれば一括請求する旨の催促状が届くようになり、クレジットカードに関しては解約通知もきましたが、自宅まで押しかけてくる業者はいませんでした。電話には出たり、出なかったりで結果的に3ヶ月ほど滞納して毎日のように電話での催促がありました。

電話へは出たり出なかったりで返済を先延ばししていました

会社に催促電話がかかり始めたときは怖くなったので、自分の携帯にはなるべく出るようにしました。ほかの業者に借り入れを試みたり、どこか一括でまとめれるところがないかも探してみましたが、対応してもらえるのは怪しい業者ばかりでした。仕事も増やしましたが、返済するにも限界があり、当時若かったこともあり実家も頼れるような状況ではなかったので、年上の友人に相談して行政書士さんを紹介してもらって、破産の手続きをしました。債務整理という選択肢もありましたが、状況的に返済することは難しいという判断で破産を選択し、手続きをはじめたことで催促はとまり、直接やり取りすることもなくなりますし、返済もストップするので仕事をしている以上は普通の生活を送ることができ、精神状態も安定し冷静に自分の借金について考えることができました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理するべき基準と知らなきゃ損する年収との関係

目次債務整理はどのタイミングでするのがベストか債務整理する…

任意整理で信用情報機関に登録された人のための「トリセツ」

目次任意整理の手続きをしたらブラックリストに載る信用情報の…

債務整理とは何か、その意味について見直そう!

目次債務整理について、もう一度整理してみよう債務整理ごとの…

レイクの債務整理体験談

債務整理で女性に翻弄された人生をリセット

借入額100万円

借金で買い集めた大量のフィギュア

借入額160万円

借金問題は一人で抱え込まず、専門家に相談

借入額190万円

いろいろ初めての体験でした。

借入額100万円

飲食店経営で大失敗!個人再生で人生をやり直す

借入額1000万円

パチンコにはまってキャッシングから多重債務になりました

借入額150万円