浪費が原因でも減額できました

2019.02.06 更新

借入先業者名
借入額
200万円
借入期間
2年弱
毎月の返済額
8万円

飲食や買物で給料全額を使い、借金までしました。

昔から小遣いをもらうとあるだけ使う性格でしたが、社会人になってもそれが変わりませんでした。友人や恋人との飲み代や毎日の外食、時計や車、高級文具などの買物で給料が入るとほぼ一週間でゼロになる有様です。当然、生活ができなくなるため親に援助を頼んだこともありますが、親にも最後には愛想を尽かされてしまい、やむを得ず簡単に借りられる消費者金融でキャッシングの申し込みをしました。当時の収入は30万円近くあったものの、生活費としてはほとんど使っておらず、借りたお金もすぐに底をつくことになります。

アイフル、プロミス、レイク、アプラスから各50万円借りて、毎月8万円返していました。

アイフル、プロミス、レイク、アプラスから各50万円、計200万円の借金でしたので、これ以上はどこからも借りられませんでした。返済ができずに放置していたところ、電話がどんどんかかってきてノイローゼ気味になり、仕事にも支障が出るようになりました。急に今までの生活を直すこともできず、友人や家族からも借金をするようになって距離を置かれ、どこからどう手を付けて良いのかわからない状態でした。幸い、結婚はしていないので妻や子供に迷惑をかけるようなことはなかったものの、つらかったです。

全額免除にはならないものの、半額に減りました。

弁護士に相談に行ったら、借りた理由が浪費なので破産はできないと言われました。給料は安定しているため、個人再生手続をとることにして申し立てたところ、半額の100万円を無利息で返せばよいという事になりました。5年かけて返済するので毎月1万6000円程度で済み、とても助かっています。弁護士への報酬が50万円ほどかかりますので、トータル金額は50万円減っただけですが、利息が付かないのが魅力です。弁護士への支払いを含めても月3万円もいかないため、負担はかなり少なくなりました。

支払総額が減り、生活の立て直しができました。

今回債務整理をするにあたって、弁護士や事務員の方から家計簿をつけるように言われて、内容をチェックしてもらいました。おかげで借金の支払いが少なくなっただけでなく、自己管理をするコツも学ぶことができたと思います。フィナンシャルプランナーも紹介してもらい、毎月きちんと簡単な家計簿をつけて、貯金もできるように指導を受けている最中です。支払いが少なくなって気持ちに余裕ができたので、このような取り組みも前向きに行えるようになりましたし、今回思い切って債務整理を依頼して良かったです。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理を依頼するなら司法書士・弁護士どっち?費用や手続きの違い

目次債務整理にかかる費用は弁護士よりも司法書士の方が安い司…

任意整理で信用情報機関に登録されたときの「トリセツ」

目次任意整理の手続きをしたらブラックリストに載る?信用情報…

債務整理はいくらからできる?借金の返済額などの基準

目次任意整理をするための条件に、借金の額の大きさは関係がな…

レイクの債務整理体験談

きちんと計画的に返済ができるようになりました

借入額210万円

私の苦しかった任意整理の体験談とは

借入額200万円

簡単なことに何故か気付けずに債務整理に至ることがあります

借入額200万円

友人の口車に乗せられ、借金が雪だるまのようになりました。

借入額650万円

ギャンブルや浪費が原因で多重債務になりました。

借入額280万円

借金の負担が軽くなりました

借入額210万円