自営業が軌道に乗らず、一時期経営難に陥ってどうしようもなく借金をしてしまった。

2019.03.30 更新

自営業

借入先業者名
借入額
200万円
借入期間
3年間
毎月の返済額
7万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

プロミスから100万円、アコムから100万円、滞納1年間の間にで家に通知や手紙が来ており、それらを無視し続けていたら直接業者の方が家に来て、脅迫まがいの取り立てをされました。最初は借金のことを妻や友人や近所の人たちにも秘密にしていましたが、通知が家に来るようになるとまず妻にばれ、愛想をつかされ実家に帰ってしまいました。そうしているうちに生活が苦しくなっていき、振る舞いも暗くなっていった影響もあり、友人や両親にも借金のことがバレてしまいました。友人や両親、親戚にもお金を頼る連絡を送るようになってからは周りの人間にも愛想を尽かされるようになり自分の周りから人々が離れていくようになりました。近所の人たちにも取り立ての方々が家に来ているのを見られて、あることないこと噂を立てられてとても辛い思いをしました。

滞納期間が数ヶ月になると支払い催促が来ました。

<督促方法>家への直接請求
<督促の詳細>滞納し始めて最初の頃は家に通知が少し届くのみでしたが、それでも支払いが滞っていると、通知の数も多くなり、内容も脅迫じみたものが多くなりました。その間にも家に直接業者の方が訪れるようになりました。スーツをきちっと着た感じの見た目はサラリーマンのような感じで、最初は物腰柔らかかったのですが私に支払い能力がないことがわかってくると彼らの態度も次第に恐ろしくなっていき、1人で来ていた業者の方も数人で来るようになりました。自殺されては困ると思われたのか、著しく恐怖を抱くようなことや暴力行為等はありませんでしたが、両親にも借金を取り立てに行くぞ、という旨の言葉もかけられました。滞納が1年近くなると差し押さえ等の行為も検討している、ということも業者の方々から忠告されました。

弁護士への相談をしました。

催促が激しくなると、自分自身の身の危険だけでなく自分の周りの人間にも危害が加わるようになるかもしれないと感じるようになりました。また、家に直接取り立てが来ることにより自分の仕事にも悪影響を及ぼして、また借金が返せなくなってしまうという負のスパイラルを懸念し、さらにインターネットやテレビ等で情報収集をして自分にも過払金等があるのではないかと思い、弁護士の方に相談しました。弁護士の方も借金の取り立てや過払金についての知識や経験が豊富な人を選んだので、相手も慣れていて話はスムーズに進みました。そして、催促を止めてもらい過払金についても返還していただきました。弁護士の方への報酬も少し重なってしまいましたが、弁護士の方の対応のおかげで催促がなくなったことで生活もしやすく、借金もより返済しやすい状況になりました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

オリコの返済に困った!任意整理で借金の返済額を減らせる

目次オリコなどのクレジットカードも任意整理できるクレジット…

夫や彼氏の多額の借金 代理で任意整理はできる?

目次夫や彼氏が内緒で借金をしていた!返済の目途は…?多重債務…

債務整理の取引履歴の開示請求とは

目次取引履歴の開示請求って?取引履歴の開示請求が必要な理由…

プロミスの債務整理体験談

やむを得ない事情で破産しました。

借入額100万円

長年の苦労が報われました。

借入額300万円

親友からの頼みを断り切れず、自分が借金を背負う

借入額120万円

子供が勝手に友達の携帯で課金ゲームをしてしまったので、借金で弁償しました。

借入額100万円

見栄を張った生活は破滅への近道でした

借入額360万円

家を守ることができました

借入額1620万円