当時の婚約者にお金を貸すため。

2019.04.09 更新

OL

借入先業者名
借入額
150万円
借入期間
2年
毎月の返済額
8万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

10歳年上のバツイチの彼と当時付き合っており、結婚を約束していました。前妻が子供を引き取っているのですが、私と結婚するにあたってこれからの養育費などをまとめて支払うことで、それ以降のお金の支払はなしという事で合意して300万円用意することになりました。しかし、彼には貯金が全くなく、代わりに私が用意することになったのです。貯金から150万円、足りない分は消費者金融から融資を受けました。お金を彼に渡した翌日から彼と連絡が取れなくなったのです。騙されていました。ショックで仕事にも集中できずに精神的に追い込まれてしばらくは自宅に引きこもっていました。そうこうしている間にも利子が加算されて借金が膨れ上がってしまい、このまま放置してても埒が明かないので返済をすることにしました。

借りてから3か月間は督促があっても返済は行っていませんでした。

<督促方法>電話督促
<督促の詳細>契約してから一度も返済をせずにいました。彼との結婚の為に用意したお金だったので持ち逃げされて気が動転していたのです。最初の返済期日をすぎた翌日に業者から督促の連絡がありました。私は電話には出なかったのですが、留守電に連絡があったので内容は督促だったと思います。それから何も考えられずに3か月程度返済していなかったのですが、このままだと借金が膨れ上がるだけだと思ったので、友人に弁護士がいたので相談することにしました。この段階で督促は携帯に電話だけで職場に連絡がきたり、郵便督促が送られてくることはありませんでした。電話の頻度は2日か3日に1度程度かかってきていました。一度も電話に出ることなく常に居留守を使ってその場を凌いでいたことは今でも覚えています。

督促が止まらないので友達の弁護士に相談した。

友達で弁護士をしている人がいたので相談したら、事情はどうあれ、契約をしてお金を借りたのは私自身ということもあり返済義務は生じると言われました。任意整理をしたところで今の段階では返済額はあまり変わらないと言われて、自己破産するにも金額が少ないので地道に頑張って変えして行った方が良いとアドバイスを受けました。借りた金額は150万円でしたが利子が加算されて元金以上になっていました。私の年収は500万円程度で実家に毎月8万円の仕送りをしていたので、事情を両親に話して一時的に仕送りをストップさせてすべて返済に充てることにしました。早く返済したほうが結果的に利子も少なくなるので、最初の方は毎月10万円返済をして50万円を切った頃から返済額を減らして2年以内にはなんとは完済することができました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

アイフルの借金返済体験談

働けなくて借金で生活。多重債務で借金地獄に。

借入額100万円

様々な金融業者から借金し、多重債務者になり返済する日々に。

借入額100万円

ギャンブルをするために借金。多重債務者になり返済だけのために生きる日々に。

借入額120万円

チューニングカーにはまったことがきっかけです。当時は外食レストランで店長をしており、年収も税引き前で700万を越えていました。それなのにローンが通らなくなりプロミスとアコムから50万ずつ借りました。

借入額600万円

生活費がアルバイトだけでは足りずに借金。返済ができない程の多重債務者に。

借入額100万円

会社の破綻に伴い給料が大幅にカットされたのがキッカケ。パチンコと麻雀で更に借金悪化。

借入額500万円