ギャンブルにはまりすぎ、借金までしてやりつくしていつの間にか多重債務者に

2019.03.13 更新

会社員

借入先業者名
借入額
150万円
借入期間
2年6ヶ月
毎月の返済額
4万5千円

借金をしてからの、生活や環境の変化

消費者金融からお金を借りて、ギャンブルをしては無くなり、また借りてギャンブルをしての繰り返しを毎月のようにしていました。
一度借金をしてしまうと癖になってしまい、借りることに躊躇しなくなっていました。そして、返すことを後回しに考えていて、その場を楽しむことに専念していました。
借金の額は徐々に増えて行き、月々の返済額も徐々に増えて行っていました。私の給料はあまり良い方では無く、一人暮らしだったもので、家賃と光熱費、ガソリン代などを差し引いたら残るお金は微々たるものでした。
そんな給料だったので、返済出来る額にも限界があり、とうとう滞納してしまう結果となってしまいました。返済日が過ぎてすぐに電話がなり、すぐに口座に入金するように注意されました。それでも返せなかったので、今度は督促状が届きました。

最初は電話通告、そして督促状、最後には一括請求による差押え状が通達されました。

<督促方法>電話・郵便・一括請求・・裁判・給料差押え
<督促の詳細>督促状がきて、期日内に返済できなければ裁判に掛けると言われました。さすがに焦りを覚え、何んとか返済できるように考えました。しかし、友人や家族などに借りることは絶対にしたくありませんでした。何となく縁が切れそうな予感がして嫌だったので、持っていたクレジットカードに付帯しているキャッシングを利用することにしました。しかし、キャッシングの金利がものすごく高く、出来れば利用したくはありませんが、やむを得ないため返済額分キャッシングすることにしました。そして返済しようとしましたが、そんな時でもギャンブル依存症の癖が出てしまい、素直に返済に充てるのではなく、パチンコで増やしてどっちも返せばいいんだと簡単な気持ちがでてしまい、パチンコ屋に行き、無くしてしまったのです。返済が出来なくなり、とうとう訴訟を起こされる始末になってしまいました。

裁判へ行く前に弁護士に相談して、債務整理をお願いしました。

裁判を起こされては、車などの財産を失い兼ねないので、何とかしようと以前に電車の張り紙にあった弁護士事務所のことを思い出し、張り紙を見に行き、電話して相談してみました。2時間後に事務所に来るようにと言われ、さっそく伺ってみました。事務所には数人の弁護士と思われる方がおり、丁寧に案内をして頂きました。
そして、2社からの借入で用途はギャンブルなので、自己破産は出来ませんと言われ、債務整理をして返済プランを見直しましょうと言われました。私はその通りに従い、弁護士の方から業者へ連絡をして、私が返済をする意思表示をしたら訴訟を取り下げてもらい、承認してもらえました。
月々の返済額は減りましたが、返済期間が延びたため利息は上がり、3年掛けて完済するプランを作って頂きました。私はもう怖い思いをしたくないので、完済するまではギャンブルは止めようと誓っています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

楽天カードを任意整理すると審査はどうなる?

目次楽天カードの借入を任意整理するメリット3~5年で無理なく…

任意整理では将来利息以外もカットできる

目次任意整理をすると利息が免除される仕組み任意整理ではいく…

債務整理はいくらからできる?借金の返済額などの基準

目次任意整理をするための条件に、借金の額の大きさは関係がな…

エポスカードの債務整理体験談

ゲーム機本体をカードで買いたいと思って丸井でカードを作ったあと、遊興費をキャッシングするようになりました。

借入額30万円

頼まれると断れない性格が災いし、兄妹にお金を貸すため借金をしたら、自分が借金で苦しい生活を送る羽目になってしまいました。

借入額190万円

残りの人生に向けて再スタート/30歳会社員

借入額100万円

楽器を買うための借金でした

借入額150万円

好きな女の子にプレゼントするためにキャッシングを利用していたら、借金生活に陥ってしましました。

借入額150万円

自己資金の無い恐ろしさ

借入額330万円