結婚での同棲を気に新居の敷金、礼金、家具や電化製品を購入する目的で、最初は軽い気持ちで消費者金融から50万円借り入れしました。

2019.04.09 更新

会社員

借入先業者名
借入額
200万円
借入期間
2年(現在継続中)
毎月の返済額
7万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

軽い気持ちではじめた借り入れでしたが、気が付けば最終エポスカードから50万、アコムから50万、プロミスから50万、ライフカードから50万を借り入れしていました。各社に毎月約2万円づつ返済していましたが、返済額が4社合計残り130万円ほどの時期に嫁が病気で働けなくなった事も重なり生活費が重くのしかかり、各社への返済一気にが苦しくなってきました。また、返済期日を過ぎると毎日電話がかかってくるようになりました。その電話に出ないことも多々あり、電話に出ないことによる罪悪感を強く感じるようになりました。借り入れの事は妻には隠していたのでいつかバレるのではという不安もあり、精神的にもいよいよ追い詰められてきた感じがしました。この頃から債務整理や借金相談の広告や記事をインターネットで閲覧するようになり、何とかしなくてはという気持ちになっていました

とても払える状況ではありませんでした。また、恐怖感と罪悪感を強く感じました

<督促方法>電話・郵便での連絡がありました
<督促の詳細>個人携帯電話への返済期日遅延連絡を無視していた自分に、働いていた会社へアコムから個人名での電話が入り、半ば強制的に対応せざるをえない状況となりました。その電話では債権先が変更となった点と返済についての相談をしたいという旨の電話でした。差し押さえ、裁判等の話になるかと思っていましたが、その話はありませんでした。とりあえず、仕事中であった為、翌日必ず電話すると約束して翌日連絡しました。翌日の電話では他社での借り入れや、生活状況や金利の相談等させていただきました。最初は全額返済の話をされましたが、とても払える状況ではなかったので、なんとか毎月の返済金額を減らして頂き、仕切りなおして返済する約束をしました。同日、プロミス、ライフカード、エポスカードへも連絡して同様の相談をこちらから行いました。

とても支払える状況ではなかったので、返済について相談したい旨を各社に伝えました。

各社とも親身に相談にのって頂き、何とか返済を継続して生活しています。債務整理も検討し弁護士に相談もしましたが、ライフカードより借り入れていた50万円は現在の賃貸マンションの保証会社であった為、債務整理すると賃貸契約の継続が出来なくなる恐れがあると言われ、各社に支払い相談を行い毎月の返済額の相談という方法をとり、現在は仕切りなおして毎月5万円ほど返済をしています。返済が滞納し、一時期は本当に苦しいと時もありましたが精神的にはかなり楽になりました。また、嫁にも正直に話ししてなるべく生活費を切り詰めて返済を優先させるように生活を送っています。電話や郵便等の催促には不安や恐怖を感じて無視する時期もありましたが弁護士や借り入れ先に相談したことは結果としてよかったと感じています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

ライフカードの借金返済体験談

自動車が大好きなため、改造費用を捻出するために借金。

借入額200万円