ギャンブルをするために借金。多重債務者になり返済だけのために生きる日々に。

2019.04.09 更新

借入先業者名
借入額
120万円
借入期間
3年
毎月の返済額
4万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

私はギャンブルにはまる事が怖くて一切していなかったのですが、先輩に誘われてパチンコをしてからは思った通りにはまってしまい、借金してでもしたい気持ちを抑える事ができませんでした。プロミスやレイク、アイフルにアコムからそれぞれ30万の借金をして多重債務者になってからは返済に追われる日々で、友達と遊びに行ったりお酒を飲みに行く事もできなくなって返済のみのために生きているような状態だったと言えます。少しでもお金が入るとギャンブルに行きたくなる衝動が抑えられずに、資金がなくなるまで続けていました。そのため、返済に回すはずのお金にまで手をつけてしまい、少しの期間ですが滞納してしまう事もあったのです。それにより、催促の電話や家にまで押しかけられた経験もあり地獄でした。

家にまで押しかけられた。

<督促方法>家に催促状を持って専門家が訪れた
<督促の詳細>滞納する事が1ヶ月位は頻繁にあり、電話などで催促の電話が毎日あった事を記憶しています。しかし、すぐに返済できるあてもなく、執拗に返済を迫られるだけでしたので、怖くて電話にも出る事ができませんでした。最大で2ヶ月程滞納していた事があったのですが、その時には電話に一切出なかったためか催促状を持って代理の専門家の方が家まで来てしまったのです。催促状を読み上げられて返済しないと法的な処置をすると脅され、この世の終わりのような経験をしました。近所にも見られてしまい恥ずかしい思いをしただけではなく、一緒に住んでいる両親にも借金の事実を知られてしまったのです。その場でのお金の返済は迫られませんでしたが、すぐに連絡するように言われ直後に電話しました。

電話連絡後にすぐに返済しました。

催促状を持って来た専門家の方がすぐに借金をしている会社に連絡はした方が良いと提案され、パニックになりながらも電話連絡しました。少しの間返済を待って欲しいと伝えたのですが、すぐに返済するようにと言うばかりで話が進まずすぐに返済すると答えるしかなかったのです。しかし、返済できるお金が手元になかったため、両親に相談して借りる事ですぐに返済する事ができました。借金全額を肩代わりしてもらった訳ではなく滞納分だけでしたので、何も解決できていなかったため親の勧めもあり弁護士に相談する事にしたのです。その結果、ローンをまとめると良いと提案され、弁護士の方が手続きを行ってくれおまとめローンを活用する事ができました。それにより金利負担が減り、返済も楽になったため無事全額返済する事ができたのです。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

レイクの借金返済体験談

主人が失業して一時的に生活費が必要になったため。

借入額100万円

親から振り込んでもらった学費を使い込み借金。計画的に返済できずに借金に悩む事になりました。

借入額90万円

会社の破綻に伴い給料が大幅にカットされたのがキッカケ。パチンコと麻雀で更に借金悪化。

借入額500万円

とにかく飲み歩いては散財していました。給料もボーナスも底をつき、生活費補填のため消費者金融からの借り入れを始めました。

借入額110万円

チューニングカーにはまったことがきっかけです。当時は外食レストランで店長をしており、年収も税引き前で700万を越えていました。それなのにローンが通らなくなりプロミスとアコムから50万ずつ借りました。

借入額600万円

働けなくて借金で生活。多重債務で借金地獄に。

借入額100万円