ギャンブルがきっかけで借金をしました。

2019.03.12 更新

借入先業者名
借入額
200万円
借入期間
2年11ヶ月
毎月の返済額
8万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

ギャンブルにハマってしまい、給料はもとより貯金を使い果たし、とうとう借金をすることになりました。借金をしたお金で、絶対取れるレースがあったのでそこに全てをつぎ込みましたが、見事に失敗したのです。借金の埋め合わせを借金で行ったところ、最終的には200万円にまで膨れ上がってしまいました。3つの消費者金融から借りたことで、とうとう返済が間に合わなくなり、延滞をしてしまいました。延滞から一カ月以内に催促状が届き、完全に生活が行き詰まったのです。それでも払うことができず、2ヶ月目には内容の厳しい催促状をもらいました。
それ以降は食事もまともに取れないほど精神的にやられてしまいました。また、軽い精神病にかかってしまったようでしたが、病院に行くお金もなく地獄のような毎日でした。

既に払えるお金はない状況でした。

<督促方法>郵便と電話で催促
<督促の詳細>2回目の催促状のときは、法的手段に訴えるという内容のものでしたので、さすがに払わざるをえませんでした。ただし、払う方法は実家の両親に立て替えてもらう方法だけです。ですが、両親は既に退職をしておりお金に余裕もないため、頼るわけにはいきませんでした。しかも、借金の理由がギャンブルでしたので、さすがに借りる事はできず、八方塞がりの状態でした。ある日、自分と同じような体験をした人をネットで調べて共感を得ようとしたときに、たまたまそのサイトに弁護士事務所の広告が出ていたのです。そこで、最後の方法だと思い、弁護士にお願いをしたのです。直接事務所まで行って話を聞くと、どうやら債務の額を減額することが可能と言うことでしたので、そこにお願いをしました。

こちらの話を丁寧に聞いてくれました。

弁護士の話では、過払金が発生していると言うことと、これから発生する予定の利息はなくすことができると言うことでした。債務整理の中の任意整理を行いました。ただ、すぐに手続きができるわけではなく、しばらく時間がかかりますよと言うことでしたので一カ月ぐらい待っていると、弁護士から電話があり、債務が30万円ほど減少したということでした。また、弁護士が消費者金融のほうに連絡をしてくれたと思うのですが、弁護士事務所に行ってから数日後には、毎日のようにあった債権者からの電話がピタリと止まったのです。電話が止まった事で、精神的なストレスが一気になくなりました。もちろん手紙も来なくなりました。結果的に、毎月の返済額が減少して返済期間も延びたため、ようやく完済することができたのです。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理でブラックリストに載ることによる生活への影響と対処法

目次債務整理をするとブラックリストに載るそもそもブラックリ…

エポスカードの返済に困った!任意整理で借金の返済額を減らせる

目次エポスカードなどのクレジットカードも任意整理できるクレ…

任意整理はどの消費者金融の借金なら出来る?他の債務整理が良い場…

目次クレジットカード、住宅ローン、銀行ローンと消費者金融も…

プロミスの債務整理体験談

故郷へ帰る時見栄を張りたくて、借金をした。それをきっかけに次々とお金を借りてしまい、気がつくと借金の額は大きくなっていた。

借入額250万円

毎日の不安感がなくなりました

借入額150万円

借金問題を解決したいなら絶対、債務整理をすべき

借入額150万円

リボ払いのツケは失業した時に回ってくる

借入額290万円

競馬をして借金をするようになりました。

借入額150万円

とても簡単な過払い金請求

借入額140万円