家の修理代で借りました。

2019.03.30 更新

借入先業者名
借入額
400万円
借入期間
3年
毎月の返済額
8万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

以前水害で床上浸水し、その修理代としてSFCGから400万円を借りました。何とか支払いは続けてきたものの、毎月少し遅れたくらいで何度もしつこく電話がかかるので妻も私もノイローゼ状態になり、集中できずに仕事の収入が激減する始末です。妻も必死で働いたものの、なかなか生活が楽になりませんでした。次第に電話に出たくなくなり、家の電話は常に留守電にして、自分たちが連絡を取り合うときには携帯にするようになったころ、しびれを切らした業者が裁判所の手続きを経て、こちらの支払い督促をするようになったという流れです。何度か電話で裁判にすると言われたことはあったものの、まさか本当に訴えるとは夢にも思いませんでしたので、最初に通知を受け取った時にはひどく驚きました。

裁判所から通知が来ました。

<督促方法>最初は留守電で警告、その後差し押さえ通知が来ました
<督促の詳細>最初は留守電にいつも通りの支払い請求の録音が入っており、その次にこのまま無視を続けるなら法的手続きを取るという内容も入っていました。それでも本気にせずに放置していたところ、いきなり裁判所から特別送達という書留のような郵便が届き、中を見ると差し押さえ通知書でした。読んでもよくわからなかったのでそのまま弁護士のところにもっていって相談したのです。どうやら、決められた支払いをしていないので財産を差し押さえられてしまい、後日競売で競り落とされたら他の人の手に渡るだろう、ということでした。この財産というのは私が所有している自宅のことです。マイホームを奪われたら今まで以上に生活ができなくなりますので、何とか阻止しなければならないと思い、そのまま弁護士に泣きつきました。

弁護士に依頼しました。

自宅が差し押さえられたと聞いて、相談していた弁護士にそのまま手続きを依頼しました。弁護士と相談した結果、一括で返すのは無理なので契約内容を変えて再和解したいと申し出たところ、最初はかなり渋っていましたが何とか納得してもらえました。利息は今まで通りかかりますが、毎月の支払額が4万円になったので生活はかなり楽です。とりあえずは返済を続けることで家に住めるようになりましたが、今度支払いが遅れたら差し押さえや競売待ったなしの状況です。そのため、弁護士からは家賃だと思って毎月必ず払うようにとくぎを刺されました。今回の弁護士への報酬は、あまり手続きをしたメリットがないので手数料程度しか請求されず、私が低収入なので法テラスの法律扶助制度を使い、分割で払うことになりました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理の無料電話相談をする前に!電話の流れと準備すべきことを…

目次債務整理の電話相談はどこに?24時間受付無料の相談先は? …

債務整理で口座凍結?銀行カードローンで注意すべきポイント

目次任意整理をすると銀行口座が凍結されることも……任意整理の…

弁護士に債務整理の依頼をする前に…知っておきたい費用や探すポイン…

目次債務整理の手続きを弁護士に依頼するメリット5つ1.最適な…

その他の債務整理体験談

貸金業法改正により自己破産を選びました

借入額320万円

開放感はお財布に適用したら駄目です

借入額200万円

人に知られずに手続きできました。

借入額130万円

闇金融に終われる日々から普段の生活を取り戻せました

借入額270万円

パチスロで作った借金でも債務整理出来ました

借入額250万円

不妊治療で借金をしてしまいました

借入額100万円