父が借りてしまった闇金を返済する為、借金。

2019.03.22 更新

会社員

借入先業者名
借入額
300万円
借入期間
4年間
毎月の返済額
3万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

父が闇金と知らずに090金融から借りた50万円はあっという間に300万まで膨れ上がり、闇金からの執拗な取り立てで両親は自殺未遂をしました。それを知った私は両親を助ける為、300万借金して闇金に渡したのです。両親を助ける事が出来たと言う満足感は束の間、私の給与は薄給なので節約して返済する事になりました。独身一人暮らしの私は会社持ち以外の飲み会を断り、弁当の半額シールを待って買う日々です。そのうちに私のそうした行動が卑しいと社内で評判になり、私は社内で浮いた存在になりました。更に客が半額シールを待つ私を見たらしく、客からもお金が無いのか聞かれる始末です。それでも節約しなければ生活も返済も出来ないので、下を向いて半額シールを待たなければいけないのです。こんな惨めな思い、どうして私がと毎日思っています。

親に生活費を渡す事になり返済が滞ると、頻繁に電話がかかってくる様になった。

<督促方法>郵便で催促状の後、電話で一括請求、差し押さえ勧告
<督促の詳細>親が身体を壊し働けなくなったので、私は親に生活費を渡す事になりました。元々綱渡りの様な生活だったのですぐに返済が出来なくなり、催促状が数通届きました。それでも払えないので催促状を見て見ぬふりをする日々が続くと、次は家に電話がかかってくる様になったのです。しかし私は昼間仕事で家にいないので電話に出る事が出来ないのを業者が知ると、携帯に電話が来るのです。仕事中もお構いなしにかかってくる電話に辟易して出ると、連絡無しに返済しないのは規約違反になるので一括で返済してください、無理なら裁判になります、多分差し押さえの判決になるでしょうと言われました。人間本当に驚くと声が出なくなるみたいで、私は返事も出来ずただ息をする事しか出来なかったです。それでもまずい事になったと、頭の中では繰り返していました。

弁護士に任意整理を依頼した。

一括請求、差し押さえの事を両親に告げると、闇金で怖い思いをした両親は震えていました。そして話し合いで今回は合法の貸金業者なので弁護士に何とかしてもらえないかと言う事になり、弁護士に相談する事にしたのです。弁護士は私の話を聞くと、300万円の借金を月3万円では利息が大きいので確かに返済は難しいですね、まずは返済しやすくする為に任意整理をしてはどうでしょうと言いました。そして交渉次第で利息が無くなるので元金だけを返済すれば良くなる事、弁護士が私の代理で金融会社と連絡をするので督促が無くなる事を説明されたので、後が無い私はすぐに依頼しました。その結果弁護士に依頼した次の日からピタっと督促が止まった上、元金だけの支払いになったので時間をかけて返済する事が出来たのです。借金を返済出来た時は、感極まって男なのに泣いてしまいました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理はいくらからできる?借金の返済額などの基準

目次任意整理をするための条件に、借金の額の大きさは関係がな…

債務整理って怖そうだけど実際は?メリット・デメリットを解説

目次債務整理とは何か4つの債務整理債務整理のメリット債務整…

債務整理は結婚に影響しない!結婚したらローンは組めるのか?

目次結婚前の債務整理には任意整理がおすすめ【結婚生活に影響…

プロミスの債務整理体験談

ギャンブルがきっかけで借金をしました。

借入額200万円

支払額が減りました。

借入額80万円

借金の悩みが亡くなりました。

借入額120万円

治療費の支払いでキャッシングを利用しました

借入額150万円

計画的な返済を意識するようになりました。

借入額200万円

借金で悩んでいるあなたへ!!

借入額180万円