クレジットカードのショッピング枠が払えなくなったので、借金をしました。

2019.03.22 更新

借入先業者名
借入額
130万円
借入期間
3年7ヶ月
毎月の返済額
3万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

ニコスカードのショッピング枠の30万円を使い切ってしまい、キャッシング枠で借りるようになりました。キャッシング枠も使い切ってしまったので、消費者金融のアコムとアイフルで借入をしました。合計すると130万円を超えていたと思います。毎月のリボ払いの返済額は3万円くらいでしたので、なんとか払えていましたが、シミュレーションをしてみると利息がとんでもない金額になっていました。
私はどうすればよいのか、パニックになってしまい、自殺も考えました。消費者金融は怖いイメージがあったので、支払いを続けていましたが、ニコスのほうは待ってくれるだろうという甘い考えを持っていて、延滞を続けてしまいました。3ヶ月くらい延滞を続けていたら、強制的に解約をされてしまい、60万円くらいの残高が一括で請求されてきました。

生活はギリギリで、精神的にも追い詰められていました。

<督促方法>電話・郵便での催促、一括請求
<督促の詳細>消費者金融からの借金は延滞をせずに返済をしていましたが、ニコスのほうは延滞をしていました。最初はハガキで催促が来て、それも無視していると電話で催促が来ました。「必ず支払います」と言っていましたが、結局支払いをしませんでした。3ヶ月が経過した頃に、契約を解除するという書類が来て、さらに残高の60万円くらいが一括請求されてしまいました。電話をして、分割払いにしてもらえないかと交渉をしましたが、応じてもらえませんでした。一括請求がされてしまったので、およそ60万円全額に対して、遅延損害金の20%がかかってしまうという状況でした。そのまま放置していると給料なども差し押さえされてしまうということがインターネットで調べてわかったので、会社に迷惑をかけてしまうと思い、弁護士に相談をすることにしました。

弁護士に相談をして、債務整理をしてもらいました。

残高が一括請求されてしまい、分割払いの交渉にも応じてもらえなかったので、一括で支払うしか方法はありませんでした。インターネットで調べたところ、弁護士に相談をするのがよいとわかったので、弁護士に相談をしました。すると、任意整理をするのがよいとアドバイスを受けて、メリットとデメリットを説明してもらった結果、任意整理をすることにしました。一括請求をされていたニコスのほか、消費者金融のアコムとアイフルからの借金についても、一緒に任意整理してもらうことになりました。弁護士に依頼をすると、すぐに請求は止まり、交渉が終わるまでのおよそ3ヶ月間は返済の義務から解放されました。その間に、弁護士費用を準備しました。利息と遅延損害金をゼロにしてもらって、残った元本を3年~5年で返済をしていくことになりました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

エポスカードの返済に困った!任意整理で借金の返済額を減らせる

目次エポスカードなどのクレジットカードも任意整理できるクレ…

債務整理の手続きで大きな効果を発揮する受任通知!そのメリットと…

目次受任通知とは?受任通知のメリット「受任通知」と「委任状…

債務整理は結婚に影響しない!結婚したらローンは組めるのか?

目次結婚前の債務整理には任意整理がおすすめ【結婚生活に影響…

三菱UFJニコスの債務整理体験談

親の介護で思わぬ借金生活

借入額100万円

通販ショッピングにはまったのが原因の借金

借入額200万円

クレジットカードの返済のため消費者金融から借りてはならない

借入額180万円

買い物依存症で借金をしてしまいました

借入額150万円

借金して返済を3ヶ月続けたら多重債務者です

借入額250万円

身の丈に合った暮らしをしないと失敗します

借入額400万円