ギャンブル依存症に陥り、お金がないのにも関わらずパチンコに通ってしまったため。

2019.03.22 更新

借入先業者名
借入額
180万円
借入期間
10年間
毎月の返済額
8万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

最初はアコムから50万のキャッシングをしました。仕事のストレスから休日にパチンコに通うようになりました。初めて行った時にビックリするくらい勝ったのでその快感が忘れられなくなって通わずにはいられませんでした。そしてそのうち借金をして軍資金を用意してから通うようになりました。その理由は単純です。大勝して調子に乗って通うようになったのですが、それ以降は負け続きであっという間に貯金もなくなってしまったからです。アコムから50万円のキャッシングをして、返済しつつまた30万円借りました。アコムの返済が苦しくなってきてレイクにも借り入れを行いました。今の審査は厳しくなっているので他分落ちるとは思いますが、何故かその時アコムに80万円の債務があってもレイクからお金が借りれました。

滞納が続くようになると毎日連絡が来ましたが電話には一切出ませんでした。

<督促方法>電話、郵便での一括請求
<督促の詳細>最初は業者からの電話や郵便の督促のみだけでした。しかし、放置し続けて2年半が経過したころ、利子も膨大な金額になっており業者からだけではなく裁判所から通知が届きました。怖くて内容裁判所には連絡していませんが、業者が裁判にかけたというような内容でした。この時点でもう逃げれないなと思い、弁護士に相談する決意をしました。弁護士に依頼するのにはお金が掛かるので、無料で相談できるところに予約を入れて相談しました。アコムもレイクも自宅まで押しかけてきたり、職場にしつこく連絡してくることはなかったです。しかし、電話には頻繁に着信がありました。そのうち着信拒否をするようにしたら今度は通知が自宅に届くようになりました。そして裁判所からの連絡です。自業自得ですが、生きた心地がしなかったです。

弁護士に相談して法的な手続きを取ることにしました。

元々元金は180万円程度だったのですが、利子を含めたら+100万円程度にはなっていました。この金額を自分で返すのは無理だと判断したので、弁護士費用は掛かりましたが任意整理をすることにしたのです。任意整理をしたことによって利子をカットすることができました。そしてこれから掛かるであろう将来の利子もカット出来て、アコムとレイクに毎月決まった額を返済するということで弁護士さんと業者の間で和解が進んでその話に合意することにしました。最初に契約してから実際に完済するまでには10年程度の期間を要しました。ギャンブルが原因で借金に走り、その結果自分を苦しめることになったので、借金をキッカケにギャンブルからは一切やらなくなりました。今はまだ貯金もあまりないのでこれからの為に貯めていきたいです。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理の手続きで大きな効果を発揮する受任通知!そのメリットと…

目次受任通知とは?受任通知のメリット「受任通知」と「委任状…

任意整理を弁護士や司法書士などの専門家に断られるケース

目次弁護士・司法書士に任意整理の手続きを断られる3つの理由【…

知っておいて損はない、借金額と債務整理の「微妙な」関係

目次手続きの種類と目的、債務者の状況で債務整理の効果は変わ…

レイクの債務整理体験談

ギャンブルで負けた勢いで借金をしました。

借入額200万円

気付いたら多重債務者になっていました

借入額200万円

キャバクラ通いで借金が増えました

借入額220万円

パチスロ中毒になってしまって多重債務者になりました

借入額200万円

人間関係が濃い会社には注意すべきでした

借入額360万円

それまでの自分と決別すること

借入額160万円