学生時代に飲みやキャバクラのために借金をした。

2019.03.25 更新

20代会社員

月収
借入先業者名
借入額
200万円
借入期間
15年
毎月の返済額
10万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

若気の至りとは怖いものでアコムから100万円、レイクから50万円、モビットから50万円の借金をしていました。原因は飲みとキャバクラです。毎日のように飲み歩いていて毎日5万円くらいは使っていたと思います。最初はアコムとレイク同時くらいに契約をして、その次にモビットの契約をしました。昔は審査も比較的緩かったのですぐに通過してしまい、規制も厳しくなかったですし利子も高額でした。返済の事を考えずに借りてしまって、督促が来るようになってからは後悔の嵐です。学生でしたが、就職先も見つかっており親の金とアルバイトで生活をしていたので余裕ぶっていたのかもしれません。卒業して、学生時代の悪友と疎遠になってからはお金の使い方もまともになり、自分なりには真面目に生活をしていたのですが、途中で返済できなくなりました。

住民票を変更せずに引越し、携帯番号も変えました。

<督促方法>電話、郵便、一括請求
<督促の詳細>まともに支払っていたのは最初の3年で恥ずかしながらそこからずっと滞納していました。自宅に通知もきていたのですが、住民票を変更せずにそのまま引っ越してからは督促郵便は来なくなりました。携帯番号も変えていたので連絡は一切なしです。借金があったのを忘れかけていたころに、引越しをしてその時住民票を移したことがキッカケで再度通知が来るようになってしまいました。アコムとレイクからです。モビットからは相変わらず連絡はありませんでした。通知によると利息を含めたらとんでもない額になっていてました。しかし、アコムもレイクも元金一括払いで和解という通知がきました。しかし一括で支払えるお金もなかったですし、借金の返済をしなくなってから12年程度も経つのでどうしたら良いのか分からずに弁護士に相談しました。

弁護士に相談した結果、すでに時効が成立しているので援用をすすめられた。

法律に詳しくなかったのですが、私の場合はずっと雲隠れしていたので5年の時効をすぎて法律的には援用という手続きを取れば支払いをしなくても大丈夫とのことでした。自分でも内容証明を業者に送れば手続きできたみたいなのですが、知識がなかったので弁護士さんにお金を支払って依頼しました。3社共に援用の内容証明を作成してもらって手続きは完了しました。実際に時効が完了したのかはよくわかりませんが、業者からも何もアクションがないのでそのまま放置しています。一応信用情報をチェックしにいったのですが、JICCに関してはすでに抹消されており、CICは貸倒になっていました。一定期間後情報は消えるとのことでホッとしています。倫理的に良くないことかもしれませんが、何とかなって良かったです。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

知っておいて損はない、借金額と債務整理の「微妙な」関係

目次手続きの種類と目的、債務者の状況で債務整理の効果は変わ…

任意整理をしても携帯電話やスマホの分割購入ってできる?

目次任意整理をしても携帯電話の新規購入や機種変更は可能!現…

任意整理で信用情報機関に登録された人のための「トリセツ」

目次任意整理の手続きをしたらブラックリストに載る信用情報の…

レイクの債務整理体験談

債務整理のお陰で毎日平穏に暮らせる様になりました/42歳パート

借入額180万円

彼氏に貢ぐために給料だけじゃ足らず借金。それが重なって借金ばかりの生活を送る羽目になってしまいました。

借入額200万円

メリットしかない過払い金請求

借入額170万円

借金でどうしようもなくなったら債務整理をお勧めします

借入額220万円

財産分与を行なう際には気を付けたい

借入額360万円

ネットショッピングにはまって借金を重ねていたけれど債務整理で悩みが無くなりました

借入額130万円