最初はパチンコにはまってお金を借りたのですが、借金の返済目的で始めたFXで大損を出してしまい、債務が重なってとうとう返済ができなくなる状態まで追い込まれました。

2019.01.10 更新

会社員

借入先業者名
借入額
300万
借入期間
2年間
毎月の返済額
8万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

最初は銀行のクレジットカードを3つ持っていたのですが、キャッシング機能でそれぞれ限度額まで借りきってしまい、三菱東京で30万、三井住友にて20万、楽天から30万を借りていました。また、返済のためにお金を稼ぐ目的で手を出したFX投資が失敗し、消費者金融のプロミスで70万、アコムから80万、レイクで70万という新たな借金を重ね、合計で300万ほど借金を作ってしまいました。給料のおよそ3分の1を毎月返済に回している状態で、前に住んでいたマンションを引っ越して安いアパートに暮らすようになった他、最終的には食費まで切り詰めなければなりませんでした。以前は同僚と会社帰りに飲んだり、大学時代の友人とプライベートで旅行を楽しんだりしていたのですが、お金に余裕がなくなったため付き合いをしなくなり、人間関係も破綻してしまいました。

借金返済を始めて1年が過ぎた頃、車の故障や父の病気などでお金を使う状況が続いたのをきっかけに返済が難しくなり、合計で100万ほど数か月に渡り滞納してしまいました。

<督促方法>電話や郵便での督促、一括請求
<督促の詳細>生活が困窮し借金を滞納し始めると、まず消費者金融から電話が頻繁に来るようになりました。内容としては返済期日を告げて早めの支払いを促すだけのものがほとんどでしたが、中には延滞が重なったことを理由に一括返済を要求してくるケースもありました。クレジットカードの業者からは最初に郵便で督促が届き、滞納が数か月に渡った時には電話でも催促されました。消費者金融とクレジットカード会社で合計6社もの金融機関から借金をしていたので、一つの電話に応対すると10分後にはすぐ別の電話がかかってくるような状況で、毎日かかってくる電話に精神が追い詰められ、びくびくして過ごす日々が続きました。会社に連絡が行ったり、家財を差し押さえられたりするような事態には至りませんでしたが、弁護士に相談するのが遅れていたらその可能性もあったと思います。

自分ではどうにもならない状態だったので弁護士に相談し、任意整理の手続きをしてもらいました。

業者からの重なる督促で疲れ切った状態となってしまい、仕事にも集中できず心身共に限界を感じていたので、債務に関わる案件を専門としている弁護士事務所で無料相談を受け付けているところを幾つか訪問しました。その中でも特に真摯な対応をしてくれた弁護士に任意整理を勧められ、その方向で手続きをしてもらうようお願いしたのですが、翌日からすぐに督促の電話や郵便がストップしたので驚きました。金融機関とは弁護士を通して交渉を行うので自分で応対する必要がなく、金融機関の電話に追われていた頃と比べて精神的負担が大きく減り、解放されたような思いでした。3か月ほどの債務整理を行った結果、金利を含めず元金のみの返済となり、全体的な借金額が30万ほどカットされることになりました。毎月の返済額も約3万円下がったので余裕が生まれ、コツコツ返し続けて完済することができました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理はいくらからできる?借金の返済額などの基準

目次任意整理をするための条件に、借金の額の大きさは関係がな…

任意整理後の賃貸契約で注意すべき点

目次任意整理してブラックリストに載っても賃貸契約を結ぶこと…

債務整理をしたけどキャッシングを利用したいという人へ

目次債務整理をすると、キャッシングの利用はNG!「ブラックOK…

楽天カードの債務整理体験談

債務整理って最初は少し抵抗がありました

借入額140万円

借金がおよそ半分になりました。

借入額200万円

聖地巡りに嵌まって借金をしてしまいました

借入額100万円

私が体験した債務整理の真実

借入額200万円

キャッシングで気付いたら毎月の返済額が9万円!任意整理をしたら穏やかな暮らしが返ってきました

借入額180万円

【楽天カード】不妊治療のためにお金を借りました

借入額200万円