親を助けるために借金をすることになりました。

2019.03.14 更新

借入先業者名
借入額
160万円
借入期間
2年2ヶ月
毎月の返済額
9万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

両親が病気になってしまい、収入が全くなくなりました。もともと両親は年金で暮らしていたのですが、それだけでは足りず内職をしたりアルバイトをしたりする生活を続けていたのです。私はそれを支援するべく、お金をしていたのですが、両親が病気になってからと言うものは、今までのお金では少し足りませんでした。そこで私は、消費者金融から借金をして両親に生活費としてお金を払うことにしたのです。最初の1年以上は順調に返済をしていましたが、今度は私自身が体調を崩してしまい、数週間入院することになりました。そうすると問題になるのは、両親に仕送りをするお金と借金返済に充てるお金です。たびたび病気がちになった私もお金の支払いができなくなり、とうとう滞納することになったのです。

郵便ポストに督促状が入っていました。支払えるお金はほぼありませんでした。

<督促方法>郵便物で2回と電話で数回の督促
<督促の詳細>私が借金を滞納するようになってから1ヶ月が経過したときのことです。ある日、ポストを覗いてみると少し他の手紙とは違ったオーラを放つ郵便物が来ていました。これは何か重要なことが書いてあるに違いないと思い、ドキドキしながら開けてみると督促状と書かれた手紙が来たのです。1つ目の督促状は期限までにお金を払ってくださいと言う文面も優しいものでした。私も払いたいと思ったのですが、なかなか払うことができなかったので、とりあえず電話をしてどうしたらいいか話をしました。ですが、返済期限を伸ばしてくれるわけではなく、期限まで払ってくれないと困ると言う一言で電話終わってしまいました。結局、次の月も滞納することになり、督促状が来ただけでなく、電話まで来るようになりました。

弁護士に依頼して任意整理をすることになりました。

督促状の2つ目を見ると、これ以上滞納すると法的手段に訴えると書かれています。これを見たとき、私は額から汗がにじみ出るのを感じました。さすがにこれ以上滞納するのはまずいと思いましたが、何分手元にお金がないため、どうしようもない状態です。最後の手段として、私は弁護士事務所に連絡をすることにしたのです。弁護士事務所の方で迅速に対応してくれたおかげで、それ以降の電話の督促も無くなりました。弁護士さんがとった手段は任意整理でした。任意整理をしてくれたおかげで、借金の返済額が毎月半分近くになったのです。おかげで、時間はかかりましたが完済をすることができました。弁護士さんが、任意整理が決まった時にがんばってくださいと一言声をかけてくれたのが、今でも思い出に残っています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

任意整理と自己破産どちらを選ぶべき?メリット・デメリットを徹底…

目次任意整理・自己破産の違い自己破産は任意整理に比べてデメ…

バンクイックの借金を任意整理する前に!見落としがちなポイント

目次バンクイックの借金を任意整理するときの注意点1.三菱UFJ…

任意整理を依頼すると取り立てがすぐ止まるってほんと?

目次任意整理でつらい取り立て、督促はすべて止まる任意整理を…

プロミスの債務整理体験談

離婚が借金の始まり、最後には任意整理をしました

借入額240万円

ダイエットに夢中になって借金をつくりました

借入額180万円

債務整理で生活していく勇気がもてるようになりました

借入額50万円

ストレスからパチンコを再開して、熱中してしまい借金をしました。

借入額150万円

債務整理で生活が一変/37歳派遣社員

借入額100万円

夫に内緒で、ブランド品や美容品が欲しくて借金を

借入額140万円