自動車が大好きなため、改造費用を捻出するために借金。

2019.04.09 更新

会社員

借入先業者名
借入額
200万円
借入期間
9年2ヶ月
毎月の返済額
10万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

独身で実家住まいということもあり、稼いだお金をすべて使うことができるという環境に甘えてしまっていました。そんな中、趣味の車の改造費用に想像以上のお金がかかってしまう事態に遭遇しました。親から借りることもできますが、説教されることも目に見えているため、身近なアコムとプロミスから借金することに決めました。初めてのサラ金業者からの借入でしたが、簡単に貸してもらうことができました。アコムとプロミスともに50万円ずつ借りましたので、合わせて100万円の借金です。その後、セゾンカードとライフカードからも借金をして、合計額は200万円となり、毎月10万円の返済になってしまいました。当時の給料は手取りで25万円ほどありましたので、それでも生活はできていました。

勤務先に給与差し押さえの通知が届き、愕然としました。

<督促方法>給与差し押さえ
<督促の詳細>勤務先での残業時間が減ることになり、給与も減りました。その影響もあり、毎月の返済が遅れるようになりました。やがて、返済することに嫌気がさしてしまい、返済を放置していました。携帯電話や自宅への督促も無視している状況になっていました。すると、いきなりセゾンカードからの給与差し押さえの申し立て通知が届いたのです。裁判所には、既に申し立て済みで債務名義も確定しているとの内容でしたので、大慌てでセゾンカードの担当者に連絡をしました。担当者には、返済が滞ってしまったことを謝罪しました。その後、親に理由を話し、代払いをしてもらいました。一括返済をすれば、給与差し押さえを停止してもらえるという条件だったのです。給与差し押さえされれば、勤務先にバレてしまうので、絶対に避けたかったのです。

親に全てを話し、資金を貸してもらいました。

とにかく、給与差し押さえだけは回避したいと思い、アコムやプロミスなどの回収担当者に電話をしました。担当者によっては、かなり厳しい内容のことを指摘されましたが、必死になって支払うことが遅れた理由を伝えました。アコムやプロミスについては、一括払いをすることで、給与差し押さえなどの手続きなどはしないということでしたので、親に頭を下げてお金を借り、完済しました。当然ながら、親からは相当の叱責を受けましたが、今後毎月給与の中から最低でも5万円は返すということで、借りることができました。弁護士や司法書士への委任も検討しまたが、親の意向もあり、一番手っ取り早い方法を選択することになりました。無利子で貸してくれた親には、感謝していますが、いろいろな点を考えさせられることになりました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

ライフカードの借金返済体験談

結婚での同棲を気に新居の敷金、礼金、家具や電化製品を購入する目的で、最初は軽い気持ちで消費者金融から50万円借り入れしました。

借入額200万円