生活費が足らなくて軽い気持ちで借金を重ねてしまいました

2019.03.22 更新

主婦

借入先業者名
借入額
210万円
借入期間
7年2か月
毎月の返済額
3万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

夫の給料が年々下がっていて生活が苦しかったので、深く考えないで消費者金融から借金をしてしまいました。最初のうちは少ない金額を借り入れていたのですが、徐々にたくさんの借金をするようになってしまい、結果的に200万円を超える額の借金を背負ってしまいました。きちんと返済をしなくてはいけないと分かってはいるのですが、返済を続ける余裕がなく、滞納している期間が長くなってしまいました。夫と相談して色々なものを売ってなんとか生活をしていたのですが、毎月の返済がどんどん厳しくなってきて、とうとうマイホームを手放すことになりました。それでも借金を完済することが出来ず悩んでいました。子供にも多くの迷惑をかけていて、精神的にそうとう追い込まれた状態でした。

繰り返しの催促によって精神が崩壊しそうでした

<督促方法>電話・郵便での催促
<督促の詳細>滞納が始まった当初はそれほど厳しい取り立てはなかったのですが、だんだんと返済を怠ることが多くなると、厳しい対応が増えるようになりました。郵便での催促も最初は温和な内容だったものが、徐々に厳しいテイストになってきて、こちらが恐怖を感じるような文体のものもありました。子供も怖がり始め精神的に辛いと感じるようになりました。結果的に家を売却することになったのですが、それでも借金を全額返済すること出来なかったので、家を売却してからもずっと催促の連絡は続きました。電話での催促は夫の会社にも行なわれ、色々なところに迷惑をかけていたので、人間関係も上手くいかなくなりました。業者からの催促をどのように止めたらよいのかまったく分からず、ただ毎日を怯えながら過ごしていました。

借金問題を扱っている弁護士事務所に相談をしました

あまりにも長い期間様々な形で借金の取り立てが行われたことで、家族みんな疲れ切っていて、どうにか借金の問題を解決したいと考えていました。借金問題を心配した義理の両親から、腕の良い弁護士の方がいる弁護士事務所を紹介してもらいました。弁護士の方に相談をすると我が家の借金の状態を細かく検証してくれて、法律的な観点から色々と調べてくれました。結果的に債務整理を行なうことで、借金の総額と毎月の返済額を大きく減額出来ることが分かりました。ただ時間をかけて交渉する必要があるとのことで、弁護士の方に業者との交渉を依頼しました。するとすぐに弁護士の方は動いてくれて、的確な手続きでスピーディーに借金を減額する交渉をまとめてくれました。おかげで少しつづですが借金を払えるようになり、催促の電話と郵便がなくなったので助かりました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

任意整理にかかる費用は?弁護士費用を安く抑える3つの方法

目次任意整理にかかる弁護士費用の相場と内訳「手元に依頼費用…

エポスカードの返済に困った!任意整理で借金の返済額を減らせる

目次エポスカードなどのクレジットカードも任意整理できるクレ…

知っておいて損はない、借金額と債務整理の「微妙な」関係

目次手続きの種類と目的、債務者の状況で債務整理の効果は変わ…

プロミスの債務整理体験談

クレジットカードのキャッシングから借金は多重債務者に

借入額210万円

借金の悩みがあるなら、迷わず債務整理を

借入額230万円

給湯器が壊れてしまい、急遽サラ金から借りました

借入額100万円

当時の毎月の収入16万円、サラ金を中心に200万円の借金

借入額200万円

友人を助けるために自分も借金しましたが、結果的にお金が足りなくなった為に自分も借金する羽目になりました。

借入額300万円

小規模個人再生で持ち家を失わずに済みました

借入額320万円