ギャンブルにハマりお金が必要になり借金を繰り返してしまいました

2019.03.14 更新

会社員

借入先業者名
借入額
240万円
借入期間
6年5か月
毎月の返済額
3万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

競馬と競艇にハマってしまい毎月の収入では収まりきらないほどのお金を、ギャンブルにつぎ込んでいました。生活費もほとんどない状態で毎月過ごしていて、どうしても競馬で今まで負けた分を取り返したくて、アイフルとレイクからまとめて100万円程度の借金をしました。結果的に競馬にはすべて負けてしまい、自分ではとうてい返済出来ないくらいの借金を背負ってしまいました。借金がある状態においてもギャンブルをやめることは出来なくて、それからも何度も何度も借金をしてしまいました。結果的には借金の総額が200万円を超え、本当にどうしたら良いのか分からない状態となってしまいました。その後はギャンブルを控えるようになり、必死で働いて返済をしていたのですが、派遣での給料ではなかなか完済は出来ませんでした。

繰り返し催促の連絡があり実家や勤務先にも連絡されました

<督促方法>電話と郵便において催促
<督促の詳細>借金の返済は1年目から滞っていて、滞納期間が長くなるにつれ催促の連絡が激しくなってきました。最初のうちは論理的な口調での催促だったものが、滞納期間が1年を超えてくると、だんだんと脅しつけるような態度になってきて、正直怖いなと感じるようになりました。それでも借金を滞納していると、実家に加えて勤務していた会社にまで催促の通知が来るようになったので、さすがに精神的に苦しくなってきました。なんとか返済をしなくてはと思い立って、普段から使っていた車を売却したり、両親からお金を援助してもらったりして、なんとか借金を完済しようと努力していました。ですが金利がとても高くて、いくら返済をしてもまったく借金の元本が減らずに、毎日絶望しながら生活をしていました。

信頼出来ると判断した弁護士の方に借金の問題を相談しました

あまりにも借金の返済が辛くていくら頑張っても返済が終わらないので、切羽詰まって弁護士事務所に駆け込みました。すると私の担当になった弁護士の方が、現状の借金の状況を入念にリサーチしてくれて、金利面において問題がないかを調べてくれました。細かい検証の結果金利が法律が変更される前の設定になっていて、金利分を払いすぎていると指摘してくれました。また債務整理を行えばそうとうな金額の借金がなくなり、毎月の返済が楽になると説明してくれました。藁をもつかむ思いだった私は、すぐに債務整理と過払い金に関する交渉を弁護士の方にやってもらいました。弁護士の方は迅速に対応してくれて、法律的に正しい手順で次々に借金の問題を解決してくれました。結果的に過払い金が少し返還され、毎月の返済金がが大きく減ったので大満足です。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理はバレない?家族や会社に内緒で借金返済する方法

目次債務整理の中には家族や会社にバレやすい手続きもある自己…

債務整理の相談費用は?任意整理の必要書類や持ち物について

目次債務整理の相談費用は無料|弁護士・司法書士事務所紹介 任…

総量規制の対象になったら債務整理を検討するべき?

目次総量規制の基本総量規制の条件総量規制のおまとめローンへ…

レイクの債務整理体験談

仕事を失わないことが何より最優先です

借入額320万円

当時の収入は20万円でしたが180万円借りていました

借入額180万円

結婚してからも夫に隠れて借り続けた借金250万円が原因で任意整理をすることに

借入額250万円

時間差で過払い金返還請求はしても良い

借入額360万円

スナックのホステスにはまってしまいました。

借入額500万

自己破産を決断すること

借入額250万円