ギャンブルで負けた勢いで借金をしました。

2019.03.14 更新

借入先業者名
借入額
200万円
借入期間
2年6カ月
毎月の返済額
10万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

私は、ギャンブルにはまってしまったせいで、財布のお金が全てなくなりました。ですが、一度大きく勝ってからは、なかなかやめることができなかったのです。次にお金を出せば勝てるかもしれないと言うはかない希望でずっと勝利を追いかけ続けていたのです。どうしても勝負をしたかった私は、消費者金融からお金を借りることにしました。わたしは運がいいので、借りたお金もギャンブルで返済できると確信していました。結果は惨敗てす。帰宅するのも歩きで帰ったほどです。それからは、見事に借金地獄が始まりました。世の中は思う通りに生きられないと言いますが、わたしも負け組人生のパターンにはまってしまいました。それからは、食事をまともにすることもできず、食べたとしてもカップラーメンぐらいでした。

すでに返済できるほどのお金は残されていませんでした。

<督促方法>郵便による督促
<督促の詳細>わたしのまわりでも、消費者金融からお金を借りていた友達や知り合いが何人かいました。ですが、返済できなかったという話は一度たりとも聞いたことがありませんでした。わたしが初の滞納者になったというわけです。滞納者になって1番不安だったのがヤクザ風の男が数人で取り立てにくることです。わたしは子供の時、借金地獄に陥った人のドラマを見てから借金取りに対してトラウマがあります。もしかしたら、自分の家にもヤクザ風の男が数人で取り立てしにくるのではないかとドキドキしていました。そんなある日のこと、ポストを開けてみると、一枚の見慣れない封筒が届いていました。督促状です。内容は、期限までにお金を払って下さいというものでした。しかし、払うお金がありませんでした。その手紙の存在を1カ月ほど忘れていると、次に再び督促状が届いたのです。

弁護士に泣きつくように相談しました。

わたしは、バカな男です。ギャンブルで勝てると確信してしまったばかりに人生が無茶苦茶になりつつあります。2通目の督促状には、支払いができないと法的手段をとることもあると書かれていました。その文面を読んだ瞬間、わたしは絶句しました。わたしの軽率な行動が糾弾されているようでした。頭が真っ白になり、意識を失いそうになりながら、弁護士に相談をしました。もはや、頼ることができるのは弁護士をおいて他にはなかったのです。
弁護士さんは、わたしの話を聞き、借用書や預金通帳を見ると、任意整理をすれば解決するだろうと笑顔で言いました。債務は60万円ほど減額できるに違いないということでした。わたしは、不安や絶望感から一気に解放され、力が抜けしまったのです。それから1年以上かけて完済することに成功したのです。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

プロミスの借金を任意整理する前に知っておきたいポイント

目次将来利息をカット!大手消費者金融、プロミスの借金を任意…

債務整理する際に借金をした理由は関係がある?

目次債務整理には代表的な方法として「任意整理」「個人再生」…

債務整理でブラックリスト入り…デビットカードは利用可能?

目次債務整理後でもデビットカードは発行・利用できるデビット…

レイクの債務整理体験談

キャバクラに通うようになりお金が必要になったので。

借入額180万円

自営業は簡単ではありませんでした

借入額320万円

スナックのホステスにはまってしまいました。

借入額500万

競輪にはまってしまい借金地獄に。総額で100万円は借金をしていました。

借入額100万円

債務整理をしたら、過払い金が戻ってきました

借入額130万円

ホストクラブに嵌ってしまって借金地獄になりました

借入額170万円