飲み屋の女に入れ込んでしまった結果通うために借金をしました。

2019.02.06 更新

会社員

借入先業者名
借入額
総額250万円
借入期間
5年半
毎月の返済額
毎月14万の返済

借金をしてからの、生活や環境の変化

お金が足りなくなって消費者金融に借金をしたのですが、あまりにも簡単に借りることが出来たことで気持ちが大きくなってしまい、借り入れ限度額が自分自身の貯蓄であると錯覚して、湯水の如く引き出しては使っていました。キャバクラで気に入った女の子にもいい格好をしたくて金持ちを装うために次々に借金を重ねていきました。借金の額が嵩むにつれて給料日に入ったお金がそのまま返済に流れていくようになりました。末期の時には職場の上司や友人との飲み会なども断るようになったので職場でも孤立するようになってしまいました。また家賃と借金の返済とで頭が一杯になって仕事でのミスも多くなりました。借金返済の日付が近づくにつれて毎月憂鬱になり、精神的に追い込まれて行きました。

ついに来てしまったのかと思いました。

<督促方法>電話での督促でした
<督促の詳細>支払日が過ぎてから2日程すると、携帯電話に直接督促の電話が来ました。そこで支払いをする日付を伝えるのですが、その日付すら過ぎてしまうと今度は会社に直接督促の電話が掛かってきます。業者も会社名を名乗ることなく個人名で電話をしてくるのでこの時点では借金の督促であることは職場の人にはわからないと思います。しかしその督促で約束した日に支払いが出来ないと次は職場に会社名で連絡をしてくるようになります。自分はここまで督促が来た時点で何とかして支払いをしていたのでこの先はわかりませんが、それでも支払いをしなかった場合には自宅への郵送物・さらには法的処置を取られることになります。ちなみに延滞を2回以上繰り返すと限度額を引き下げられてしまいます。私は50万円から20万円にされてしまいました。

最終的には返済できなくなり債務整理をしました。

借金額が膨らむにつれてきちんと返済することが出来なくなって毎月延滞をするようになりました。職場にも自分の携帯電話・自宅にも毎日督促の電話が鳴るようになって職場の上司をはじめ同僚や家族からも白い目で見られるようになって途方に暮れていたのですが、インターネットを見ていたら、たまたま過払い金の返金に関するサイトを見つけたのですぐに弁護士に相談しました。過払い金の返金だけでは全ての借金を完済する事が出来なかったので、弁護士の方と話し合いをして債務整理のデメリットも考慮して自分に一番適している債務整理方法を選んで借金を整理しました。自分の所得から毎月の返済額を算出して任意整理という債務整理方法を選択しました。それから5年掛かって完済しました。今では新たに借り入れすることなく生活出来ています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

任意整理後の賃貸契約で注意すべき点

目次任意整理してブラックリストに載っても賃貸契約を結ぶこと…

債務整理でブラックリスト入り…デビットカードは利用可能?

目次債務整理後でもデビットカードは発行・利用できるデビット…

知っておいて損はない、借金額と債務整理の「微妙な」関係

目次手続きの種類と目的、債務者の状況で債務整理の効果は変わ…

レイクの債務整理体験談

思っていたより大掛かりでした。

借入額120万円

意外と簡単な手続きで債務整理が出来ました

借入額300万

早めの相談が早期解決に繋がります。

借入額200万円

借金生活から解放されました。

借入額200万

債務整理をしての結果

借入額250万円

ギャンブルで大負けをして借金地獄に陥りました。

借入額220万円