収入がある時に借りたお金が無職になり返済できずに借金地獄に。

2019.02.06 更新

無職

借入先業者名
借入額
100万円
借入期間
3年
毎月の返済額
3万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

プロミスから100万円の借金をした当初は会社員でそれなりの収入を得ており、金遣いが荒かったため生活費などに困る事もあり、もしもの時に利用できるようにプロミスのカードローン契約をしました。当初は上限額まで借りていた訳ではなく困った時に利用して、すぐに返済していましたので問題なく有効利用できていたのです。しかし、リストラに遭ってからは生活に困りカードローンを利用する機会も増え、上限額まで借りてしまい返済できるあてがなく困っていました。無職であるのにも関わらずプロミスにはその旨を伝えずに借りて、最初は借りたお金で返済していた状況で、それもすぐに難しくなったのです。親も疎遠で頼る事ができずに、友人との付き合いもお金がないためなくなってしまいました。

2ヶ月以上滞納してしまい一括請求の督促状が届いてしまいました。

<督促方法>一括請求
<督促の詳細>カードローンの利用は、無職になってから本来は契約上はやってはいけない事だったのかもしれません。カードローン契約時は会社員でしたので審査に通過しましたが、無職では本来であれば報告して使用できなくなる可能性さえもあるでしょう。しかし、生活に困り報告せずに生活費にと一括で上限額まで借り、就職すれば返済できると最初は借りたお金から返済してやり過ごしていました。中々就職できずに返済もできなくなり、2ヶ月間程滞納して、電話にも出なかったため一括請求の督促状が届いたのです。一括請求されても払う事ができるお金がある訳もなく、その時は思考停止状態で呆然としていました。相談できる相手もいなかったため、どうすれば良いか分からない状況で専門家に相談するより他なかったと言えます。

弁護士に相談して解決してもらいました。

督促状の一括請求には対応できませんし、電話連絡しようにもこれまで無視してきた分、怖くて自分では実行できませんでした。電話で返済するように言われれば、無職のため待ってもらえるように説得できる根拠もなく、すぐに弁護士に相談する事にしたのです。弁護士に相談した結果、すぐに動いてくれ一括請求は止めてもらう事ができました。その期間は返済も発生せずに少しの間、心の余裕が生まれ就職活動をして無事就職する事ができたのです。返済においても無理のない状況に債務整理してもらい、現状では全額返済してしまう事ができました。早く相談した事で裁判所まで手続きが進む事なく、最悪の状況を避ける事ができたと聞かされ早く行動して良かったと感じています。一括請求が届いた場合には、早めの行動が必要な事を把握しておくと良いです。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理は生命保険に影響しない?変わらず契約するために必要なこと

目次債務整理をすると生命保険は強制的に解約になる?生命保険…

法テラスなら安く債務整理できる?利用方法や注意点を解説

目次法テラスとは?法テラスの「民事法律扶助」とは?民事法律…

任意整理をした後でも「VISAカード」を使う方法と注意点

目次VISAの借金を任意整理するための条件任意整理後に「VISAカ…

プロミスの債務整理体験談

ギャンブルがやめれなくて借金をするように。

借入額280万円

多額の借金をきちんと整理することが出来た

借入額240万円

減額はあきらめていました。

借入額200万円

ギャンブルがきっかけで借金を始めました

借入額180万円

病気により入院費と治療費がかかり借金をするようになりました

借入額340万円

家に住み続けられます。

借入額200万円