様々な金融業者から借金し、多重債務者になり返済する日々に。

2019.04.09 更新

アルバイト・パート

借入先業者名
借入額
100万円
借入期間
2年
毎月の返済額
5万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

最初はお金がない時に急な誘いがあった時に気軽に利用できるカードローンがある事を知り、プロミスで20万円の限度額で契約を行いました。フリーターでも簡単にお金を借りる事ができ、自分のお金のように錯覚してしまい多用するようになったのです。その結果、一社ではすぐに限度額利用してしまい、アイフル、アコム、モビット、レイクなどの会社からそれぞれ借金を20万円づつして多重債務者になってしまいました。滞納している時期も数ヶ月あった事もあり、その期間は様々な会社から電話が毎日かかってきて留守番電話にも脅しのような言葉でメッセージが残されていたため、怖くて電話に出られなかったです。家にまで取り立てに来た業者もあり、両親にも借金がばれてしまって友人とも疎遠になりました。

電話が毎日かかってきて、家にも訪問して来て取り立てられました。

<督促方法>電話での執拗な催促
<督促の詳細>滞納している期間は数ヶ月程で、アルバイトの給与では全ての会社の返済ができなくなってきた時に全ての会社ではなく一部返済が滞ってしまいました。その会社からの電話での催促は毎日あり、1日に何回も電話があったのです。電話に出ても厳しい言葉で早く返済するようにと言われるだけで、返済を待ってもらえる状況でもなかったです。家にまで来て取り立てられた時には別人を装い、本人がいないように演技した事もありました。電話が怖くなりノイローゼ気味状態で、その後は電話にも出なくなりどうすれば解決できるのか思いつかずに、逃げる事ばかりを考えていたのです。督促状などは届いていなかったため、まだ危険な状態ではなかったのかもしれませんが、執拗な取り立てに生きる希望さえも見失っていました。

弁護士に自己破産の相談に行きました。

執拗な取り立てに我慢ができなくなり、自分ではもう自己破産しかないと考えるようになったのです。お金がなかったため専門家に頼らずに解決しようと、自ら裁判所に行きましたが専門家に依頼した方が早く解決できると勧められ、弁護士に相談する事にしました。自己破産の相談に行ったのですが、自己破産しなくても解決できるとアドバイスを受け、おまとめローンの活用を提案されたのです。借金を一社にまとめる事で返済と金利負担を減らす事ができ、これなら私の収入でも返済できると感じました。自己破産はその後の人生において不利な状況に陥る可能性があり、なるべくなら行わずに解決した方が良いと聞き、素人判断で行動しなくて良かったと感じた事を覚えています。弁護士に相談した事で、借金も完済でき良い人生を現状では送れるようになりました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

レイクの借金返済体験談

彼女の家で同棲していたが出ていくことになり引越し資金を用意するために借金を決意。

借入額90万

会社の破綻に伴い給料が大幅にカットされたのがキッカケ。パチンコと麻雀で更に借金悪化。

借入額500万円

生活費がアルバイトだけでは足りずに借金。返済ができない程の多重債務者に。

借入額100万円

無計画にお金を使い借金してもそれは変わらず、返済が苦しい状況に。

借入額60万円

主人が失業して一時的に生活費が必要になったため。

借入額100万円

金額を計算せずに洋服を購入していたら返済不可能に。

借入額130万円