息子の借金の返済のために借金をしてしまった

2019.03.14 更新

借入先業者名
借入額
280万円
借入期間
7年2か月
毎月の返済額
3万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

息子がギャンブルにハマってしまい、自分では返済出来ない状況に陥っていたので、仕方なく私が借金を肩代わりすることになりました。ですが私自身もお金に余裕がない状態だったので、私の名義で借金をして借りたお金で借金の返済を続けていました。結果的に息子の借金はなんとか完済することが出来たのですが、私には大きな借金が残りずっと返済を続けることになりました。定年を迎えるまでは収入がある程度確保出来ていたので良かったのですが、定年後は安定的な収入を確保出来ない状態となっていたので、毎月の返済がとても厳しくなってしまいました。なんとか生活を切り詰めて、貯金を切り崩す形で返済を行っていたのですが、思い通りに借金の返済が出来なくて、毎月本当に苦労して返済をしていました。

繰り返しの催促で精神的に疲れてしまいました

<督促方法>郵便での催促
<督促の詳細>定年後返済が上手く出来ない状況になると、郵便を中心にして催促がさかんに行なわれるようになりました。最初のうちはそれほど厳しいものではなかったので、精神的に追い込まれるようなことはなかったのですが、徐々に催促が厳しくなってきて、送られてくる催促状の数が増えてくると、精神的に辛いと感じることが多くなりました。催促状に書かれている文言も徐々に恐怖感を憶えるものへと変化してきて、プレッシャーになっていたので、なんとか返済をしなくてはと強く感じるようになってきました。何度か業者とは交渉をして返済を待ってもらうように頼んだのですが、基本的にすべての要求を拒否されて、交渉後もずっと催促状が届いていました。結果的には自分だけではなく家族にも催促状が届くようになったので困っていました。

借金問題のエキスパートである弁護士の方に相談をしました

催促状の数が増えて怖い思いをしていたので、借金問題の相談を受け付けている弁護士事務所に相談に行きました。すると借金問題を専門にしている弁護士の方が担当になってくれて、色々と聞き取りを行ってくれました。弁護士の方はどの業者からいくら借金をしているのかを細かく把握してくれて、払い過ぎた借金はないかを検証してくれて、私の問題を一番効率的に改善するプランを案内してくれました。私の場合は債務整理という方法が一番効果的であると分かったので、すぐに債務整理の手続きに入ってもらいました。弁護士の方は債権者と何度も交渉を重ねてくれて、しっかりと安定的に借金が返せるようなプランを提示してくれて、借金の総額と毎月の返済額を大きく減額することに成功してくれました。おかげで生活がとても楽になったので感謝しています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

借金問題解決のため、夫婦で債務整理をする場合について

目次夫婦のどちらも借金がある場合の債務整理について夫婦で借…

債務整理でブラックリストに載ることによる生活への影響と対処法

目次債務整理をするとブラックリストに載るそもそもブラックリ…

車ローンを債務整理対象にするとどうなる?完済後の審査は?

目次車のローンを債務整理の対象にすると、愛車はどうなる?債…

レイクの債務整理体験談

やり直す事が出来ました

借入額280万

ギャンブルが原因で借金地獄にはまりました。

借入額180万円

風俗にはまり支払った代償

借入額280万円

借金問題なら一人で悩まず、専門家に相談を

借入額200万円

リスクのない借金解決なら過払い金請求

借入額230万円

病気が切っ掛けで借金することに、返済に困った私が最終的に行ったのは任意整理でした

借入額280万円