生活費が足らなくて夫に内緒で借金を重ねてしまいました

2019.02.06 更新

主婦

借入先業者名
借入額
220万円
借入期間
5年3か月
毎月の返済額
3万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

夫の収入が安定しなくて家計のやりくりが大変で、どうしても生活費が足らない時期があったので、どうしようもなくて消費者金融から借金をしてしまいました。最初は5万円程度を借りてその後はなんとか返済して終わったのですが、その後も何度も借金をするようになってしまい、どんどん借金の総額増えてしまい、気がつくと200万円を超える額の借金を背負うことになりました。借金のことは基本的に夫には内緒にしていて、自分だけで返済をしていたので、すごく辛い思いをしていました。ですが絶対に夫には知られたくなかったので、なんとか自分でパートをするなどして返済を行っていました。ですがいくら返済しても借金が減らずに、生活を圧迫するようになったので、どうしたらよいのか分からなかったです。

夫にバレないかいつも気になっていて催促状が届くのが怖かったです

<督促方法>電話・郵便での催促
<督促の詳細>借金の返済が上手くいかなくなるとすぐに催促状が届くようになりました。最初の頃はそれほどハードな催促ではなくて、落ち着いたトーンだったのですが、徐々に郵便だけではなく電話での催促も始まるようになりました。電話での取り立てでは夫に相談しろと何度も言われ、それがすごくプレッシャーになっていました。郵便での催促も頻繁に行なわれるようになり、毎日夫にバレてしまうのではないかと不安に思っていました。あまりにも催促の数が多くなるので、業者まで行って催促をやめてくれないかと何度も相談をしたのですが、基本的に要求を受け入れてくれることはなく、交渉後もずっと催促の連絡が続いていました。いつ夫の会社に催促の連絡が行くか不安で、精神的にいつも怯えていました。

なんとか催促の連絡をやめてほしかったので弁護士事務所に相談しました

何度催促の連絡をやめてほしいと依頼しても、業者がまったく応じてくれないので、仕方なく弁護士事務所に相談をすることにしました。もともと私が借金を滞納しているのが悪いので、弁護士に相談をしても意味がないと考えていたのですが、弁護士の方は本当に丁寧に状況を分析してくれて、きちんと問題を解決するためのプロセスを示してくれました。そしてまずは催促を止める交渉を開始してくれて、きちんとこちらの要望を業者側に伝えてくれました。すると業者側からすぐに反応があり、催促の数をある程度抑えてくれるようになったの助かりました。また弁護士の方とはその後も色々と話し合いを続けて、どのようにして借金を返済するとよいかを一緒になって考えてくれました。結果的に債務整理の手続きをすることになり、借金問題をある程度解決出来たので良かったです。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

総量規制の対象になったら債務整理を検討するべき?

目次総量規制の基本総量規制の条件総量規制のおまとめローンへ…

任意整理と起業の関係 借金の支払いを軽くするには

目次借金の支払いが苦しい!任意整理すると、法律上起業できな…

借金問題解決のため、夫婦で債務整理をする場合について

目次夫婦のどちらも借金がある場合の債務整理について夫婦で借…

アコムの債務整理体験談

キャバクラにはまり、借金をしてしまいました。

借入額250万円

債務整理をして感じたこと

借入額130万円

携帯電話の支払いに借金をしてしまい、借金を繰り返すようになりました

借入額200万円

精神的に楽になりました

借入額290万

借金の完済を司法書士がサポートしてくれた

借入額130万円

離婚の慰謝料を払うのに借金をし、借金地獄にはまりました。

借入額250万円