ギャンブルを我慢できずに借金して、気づけば返済できない状況に。

2019.03.22 更新

会社員

借入先業者名
借入額
100万円
借入期間
3年
毎月の返済額
3万5千円

借金をしてからの、生活や環境の変化

パチンコやスロットなどのギャンブルに仕事をし始めてからはまってしまい、給料を全て使い切ってしまう事も珍しくなかったです。生活費に困った結果、アコムで100万円限度額のカードローンを契約して生活費の補填をしようとしました。しかし、使えるお金があると安心すると、それを生活費に利用するのではなくギャンブルに利用してしまうようになったのです。気づけば限度額全てギャンブルに費やしてしまい、残ったのは借金のみでした。流石に返済しないといけないと感じ、しばらくは借金返済はしっかりと行なっていたのです。しかし、ギャンブルは止める事ができずに借金返済以外は全てギャンブルに費やしました。その内、借金返済のためのお金もギャンブルに利用するようになり、滞納する事も珍しくなくなったのです。

携帯電話への催促は毎日あり、最終的には働いている会社まで電話がかかってきました。

<督促方法>電話での催促
<督促の詳細>最初は電話がかかってきて、早く払うように催促されていました。給料日まで待ってもらえないか相談したのですが、それも聞き入れてもらえずにその時は親に借りて凌いでいたのです。しかし、何度も親に借りる事ができずに、その後は催促の電話があっても無視し続けていました。滞納しても給料日になると返済を優先する事はあり、その時は催促の電話もかからなくなったのです。それからもギャンブルは続け、給料日などにもギャンブルするようになりとうとう数ヶ月程滞納してしまうような事態に発展してしまいました。留守番電話に脅しのような伝言があって怖い気持ちはあったのですが、それでも無視していると会社にまで電話がかかるようになり流石にこのままではいけないと解決策を探すようになったのです。

弁護士に相談して過払金請求で全額返済しました。

会社に電話がかかってくるようになり、上司や同僚にも気づかれ始めているように感じました。この状況を続ければ公になってしまい、会社で働く際にも影響を及ぼしていくと思ったのです。自分ではどのようにして解決すれば良いのか分からずに、弁護士への相談をする事を決意しました。弁護士に相談する事で間に入ってもらい、給料日まで返済を待ってもらえるようになったのですが、ギャンブルを止める事を強く勧められ何とかギャンブルに関しても我慢できるようになったのです。その上、弁護士に相談したおかげで以前に利用した借金に関する過払金がある事が分かり、過払金請求で多くのお金が返還されました。これにより現状の借金は全て返済でき、ギャンブルに関しても完全に止める事ができたのです。弁護士に相談したおかげで解決でき、最悪の状態は避ける事ができたと感じます。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

弁護士に債務整理の依頼をする前に…知っておきたい費用や探すポイン…

目次債務整理の手続きを弁護士に依頼するメリット5つ1.最適な…

債務整理の郵便物はどこに届く?

目次債務整理を依頼すると、債権者からの督促も止まる専門の弁…

任意整理にかかる費用は?弁護士費用を安く抑える3つの方法

目次任意整理にかかる弁護士費用の相場と内訳「手元に依頼費用…

アコムの債務整理体験談

任意整理をついに初体験しました

借入額140万円

多重債務者になり自己破産に

借入額250万円

副業に失敗してしまい借金を抱えました。

借入額120万円

管財人がつきました。

借入額160万円

携帯電話の滞納金を払うため借金。

借入額100万円

借金を借金で返していたら返せないほど借金が増えました

借入額230万円