株で失敗して借金を背負いました。

2019.03.22 更新

借入先業者名
借入額
180万円
借入期間
2年
毎月の返済額
9万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

株で失敗をしてから借金を始めました。最初は借金をするのも勇気が必要でしたが、一度借りて完済までこぎ着けると、頭の中で成功パターンができてしまい、借金は怖くないというイメージに切り替わってしまいます。その結果、借りては完済し、また借りては完済していたのです。ただ、途中で返済できないことが分かり、絶望しました。私は、まず自分の食費を削ることにしました。食費は1日1000円ぐらいですが、800円に削ったのです。たかだか数百円を浮かしても気休め程度にしかならないかもしれませんが、何もしないよりはいいだろうと思っていたのです。次にたばこをやめました。1箱400円する今の時代、1日1箱吸っていた私は1ヶ月で1万円ぐらいは節約できるので、これは大きかったです。

すでに残金は1万円しかありませんでした。

<督促方法>郵便での督促のみ
<督促の詳細>私は、さまざまな面で節約を試みましたが、それ以上に利息が増えていくので追いつかなかったのです。そこで、とうとう私は借金を滞納することになりました。1社から借りていたお金は他社からの借り入れで返済をしていましたが、それもできなくなると、滞納するという選択しかできなかったのです。滞納はしたくありませんでしたが、右にも左にも動けなくなり、蛇に絡まれたように私はなすすべがなくなったのでした。督促状がポストに届きます。泣きそうになりながら開くと、早く返済をしてくださいと言う内容です。理屈では返済が必要だと分かっていても、どうすることもできない自分が情けなくなり、その日から数日は食事もできませんでした。2回目の督促状が届いたときには、いよいよ弁護士にお願いをしようと思っていました。

弁護士に債務整理をお願いしました。

崖っぷちまで追い詰められ、突き落とされそうになるときに、弁護士に助けを求めたのです。今思えば、滞納する前に弁護士を利用していればこのようなことにはなりませんでしたが、当時はそのようなことを考える余裕もありませんでした。いざ、弁護士に相談をしてみると『任意整理手続きをとれば、債務額は減少しますので、無理のない形で毎月の支払いができます』と言ってくれました。その一言で、私は救われた気になりました。弁護士さんに『どうしますか』と言われたのですが、すべては弁護士さんにお任せすることにしたのです。弁護士さんが業者に連絡を入れたその日から請求はぴたっと止まりました。4ヶ月もすると、債務が減額され、毎月の返済額が4万円で住むようになりました。やはり、弁護士さんは強い味方です。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

借金を任意整理したい!銀行口座は開設できなくなる?

目次借金の支払いが苦しい!任意整理すると銀行口座が利用でき…

アコムの返済に困った!任意整理で借金の返済額を減らせる

目次利息をカットも|アコムの借金を任意整理するメリットまと…

債務整理はバレない?家族や会社に内緒で借金返済する方法

目次債務整理の中には家族や会社にバレやすい手続きもある自己…

オリコの債務整理体験談

同棲解消のための引越し資金です。収入状況は一般の正社員OLの月給です。借入状況はクレジットカードでの買い物分が当時ありました。

借入額500万くらい

今利用しているカードが利用停止となる可能性があります

借入額140万円

人生観が変わりました

借入額160万円

FXに熱中。一攫千金を夢見ていつの間にか借金まみれに。

借入額330万円

芸人になる夢を清算しました

借入額210万円

破綻する日は突然やってきます

借入額360万円