キャバクラにはまり、借金をしてしまいました。

2019.02.06 更新

借入先業者名
借入額
250万円
借入期間
2年6ヶ月
毎月の返済額
12万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

キャバクラに行ったときに、私は思わずめを見開くぐらいきれいな女性がいました。その女性に貢ぐことになってから私の借金生活がスタートします。借金をし始めるときには、3万円だけならいいだろうという軽い気持ちで借りました。返済は必ずしなければならいないと分かっていたので、期限までにしっかりと返済しました。それからたびたび借り入れるようになり、気がついた時には、1社の返済のために、他社からお金を借り入れる状態だったのです。お金を右から左に流している状態でしたので、将棋で言うところの王手の状態に近いでしょう。そんな調子で綱渡り的な生き方を続けてきましたが、とうとう5社目に借り入れをする時に、審査が通らなくなってしまったのです。断られた私は、そのままふさぎ込み、身震いしていました。食事もカップラーメンにして、毎日だれかに追われる夢を見ていたのでした。

1ヶ月滞納をしており、財布には3000円しかありませんでした。

<督促方法>郵便だけでなく電話でも督促
<督促の詳細>私が債務を支払えなくなると、程なくして業者から通知が来ました。いわゆる督促状という物です。私は、震える手で督促状を開いてみると、特に厳しい内容のことは書かれていませんでした。要約をすれば、返済が遅れているので、期限まで払ってくださいと言うものです。1通目は、おそらくたまたま返済を忘れてしまった人がいるので、そういった人のことも配慮して厳しい文面は使っていないのだろうと感じたのです。ところが、あろうことか2回目の返済日も過ぎてしまい、とうとう2通目の督促状が来ました。督促状を開けると、「重要」の2文字がまず目の中に飛び込んできます。一瞬体が硬直します。息をするのも忘れ読み続けると、最後には法的手段に出ますと書かれています。私は思考停止をしてしまい、しばらく呆然と立ち尽くすしかありませんでした。

知り合いの弁護士に依頼しました。

私にはすでに頼れる人はいません。両親は他界しています。また、友達でお金を貸してくれそうな人もいなかったのです。そこで私は、私と同じようなことを体験している人が、果たしてどのように解決をしたか知りたくなり、ネットで調べてみました。すると、皆最後は弁護士に依頼していることが分かったのです。セオリー通り、弁護士に頼んで見ました。私の知り合いに弁護士がいることを思い出すと、すぐに電話をしてみました。詳しいことを話すと、『任意整理なら可能ですよ』と言われ、私は弁護士にすべてを委ねることにしました。結果的に、私の債務は大幅に減額され、毎月の支払金額は無理のない6万円まで減らされたのです。結果的にそれから2年間で完済することができました。知り合いの弁護士は今でも命の恩人だと思っています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

任意整理で信用情報機関に登録された人のための「トリセツ」

目次任意整理の手続きをしたらブラックリストに載る信用情報の…

債務整理するべき基準と知らなきゃ損する年収との関係

目次債務整理はどのタイミングでするのがベストか債務整理する…

債務整理に関係のある色々な期間について理解しよう

目次「債務整理の手続きを弁護士や司法書士に依頼した場合」に…

レイクの債務整理体験談

夜遊びに夢中で借金をしてしまいました

借入額150万円

スッキリとさせた借金問題

借入額150万円

長い間返済を続けてきた借金を、合理的な方法で解決出来た

借入額200万円

借金から解放、家族との関係も改善

借入額130万円

まさか自分が?最終的に自己破産を選んだ私の体験談

借入額400万円

借金が返済できず悩んでいる方には任意整理をおすすめします。

借入額90万円