何度も転職をしていて失業している期間に借金を重ねてしまいました

2019.02.06 更新

無職

借入先業者名
借入額
240万円
借入期間
6年3か月
毎月の返済額
3万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

人間関係が上手くいかずに何度か転職をしていて、次の仕事先が見つかるまでの間の生活費のために、借金をしていました。新しい仕事が見つかれば安定した収入があるので、きちんと返済をしていたのですが、再び転職をすることになり、借金の返済を滞納してしまう時期がありました。私は消費者金融から借金をしていたので、金利がとても高くて、少しでも滞納をするとますます厳しい状態に追い込まれるので、すごく強いプレッシャーを感じていました。なので両親などから支援を受けながらなんとか滞納をしないように頑張ってきたのですが、どうしても返済に回せるお金がなくて、滞納を続けてしまいました。滞納期間が長くなると取り立てが激しくなるので、精神的にすごく辛い思いをしていて、毎日夜になると泣いていました。

やめてほしいと要請をしても無駄で繰り返し催促の連絡がありました

<督促方法>電話と手紙での催促
<督促の詳細>滞納期間が長くなると本当に取り立ての連絡が多くなり、1日に何度も電話がかかってくるので、ノイローゼ気味になっていました。また仕事をしている最中にも携帯に着信があり、その数がどんどん多くなってくるので、本当に参っていました。あまりにも催促の連絡が多いので、業者に伺って催促の連絡を減らして欲しいと伝えたのですが、だったらきちんと借金を返済しろと言われ、結局話し合いの後も取り立ての連絡が収まることはありませんでした。もちろん滞納をしている私が悪いのは分かっているのですが、仕事中にまで連絡が来ることには納得がいきませんでした。手紙も何通も送られてきて、部屋の中が催促状で溢れかえっている状態で、その風景を見るだけでもストレスで身体の調子が悪くなっていました。

精神的に追い込まれ弁護士事務所に助けを求めました

あまりにも酷い取り立てに精神的に本当に厳しい状態だったので、なんとか助けてほしいと思い弁護士事務所に相談させてもらいました。私の担当になった弁護士は、借金の問題をいくつも解決している専門家の方で、私が置かれている状況をきちんと把握してくれました。そしてスピーディーに解決策を提示してくれて、激しい取り立ての問題に関してすぐに対処してくれました。まず弁護士の方は債権者である消費者金融業者と直接交渉をしてくれて、繰り返しの取り立てを止めてくれました。そして債務整理に関する交渉も合わせて実施してくれて、きちんと私の状況が改善するように交渉をまとめてくれました。結果的に交渉がまとまってからは、一切催促の連絡が来なくなり、借金の総額が少なくなったので、着実に返済を続けられるようになりました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

知っておいて損はない、借金額と債務整理の「微妙な」関係

目次手続きの種類と目的、債務者の状況で債務整理の効果は変わ…

アルバイトでも債務整理できる?

目次「安定した(継続的な)収入」があることがポイントアルバ…

アメックスの借金を債務整理する前に!気をつけておくべきポイント

目次アメックスの特徴アメックスの借金を債務整理するときの注…

アコムの債務整理体験談

小規模個人再生で持ち家を失わずに済みました

借入額320万円

家族に内緒で作った借金でした

借入額100万円

連帯保証人となって借金を背負い込みました

借入額180万円

過払い金で一財産できました。

借入額230万円

任意整理をすれば、借金は返せる

借入額235万円

借金に困ったらまずは過払い金請求を

借入額130万円