生活苦で借金を繰り返していて本当に怖い思いをしました

2019.03.30 更新

自営業

借入先業者名
借入額
290万円
借入期間
6年3か月
毎月の返済額
3万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

自分の経営しているお店の売上が悪くて、生活することが困難な状態だったので、思い悩み消費者金融業者において、お金を借り入れてしまいました。その時に借りた金額はおよそ10万円ほどで、すぐに返せるだろうと考えていました。ですがお店の売上はまったく上がらず、ますます厳しい状態に追い込まれ、結果的に毎月借金をして生活するようになってしまいました。するととても自分ひとりでは返せない額の借金となってしまい、どうしたら良いのか分からずに途方に暮れていました。なんとか出来る限るのことはして返済を続けていたのですが、段々と滞納をしている期間が長くなり、業者からの催促が酷くなってきました。私には家族が一切いなかったので、頼れる人もなくただ孤独に借金の恐怖と闘っていました。

滞納した次の月からすごく激しい催促が来るようになりました

<督促方法>電話・郵便での催促
<督促の詳細>どうしても借金の返済が出来なくて滞納をしてしまうと、すぐさま返済を求める郵便が自宅やお店に届くようになりました。それも一通や二通ではなく、とても多くの量が一気に届くので、本当に毎日郵便受けを確認するのが恐怖でした。それに郵便だけではなく、電話でも家の電話や携帯に次々にかかってくるようになり、とても強い調子で返済を求められたので、精神的に強い不安感を憶えました。そのような状態に陥り、お店の状態も悪くなり、ますます借金の返済が上手くいかなくなると、今度は深夜や早朝に催促の電話がかかってくるようになり、語気を荒くして返済を催促されるようになりました。精神的に辛くて自殺を考えるようになり、なぜ借金をしてしまったのかと毎日考えて暮らしていました。

厳しい取り立てに対応してくれる弁護士事務所に相談しました

毎日催促の連絡に怯えて生活していて、すごく強い恐怖で精神的におかしくなっていたので、藁をもつかむ思いで自宅の近くにおいて活動していた弁護士事務所に相談させてもらいました。借金の状態や取り立ての実情などを色々と話させてもらい、なんとかこの問題を解決したいと弁護士の方に訴えました。するとすぐに業者との話し合いの場を設定してくれて、きちんと現在の状況を業者に伝える機会を与えてくれました。そしてその場にしっかりと弁護士の方が同席してくれて、交渉において様々なサポートをしてくれたので助かりました。結果的にきちんとこちらの望んだ通りに交渉がまとまり、厳しい催促をやめてくれることになったのでホッとしました。また毎月の返済金額を適切な金額に設定し直してくれたので堅実に返済が出来るようになりました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理の取引履歴の開示請求とは

目次取引履歴の開示請求って?取引履歴の開示請求が必要な理由…

任意整理や過払い金請求で官報に掲載される?

目次任意整理や過払い金請求したい!気になる官報って一体何?…

ビューカードの借金を債務整理する前に!気をつけておくべきポイント

目次ビューカードの特徴ビューカードの借金を債務整理するとき…

モビットの債務整理体験談

見栄を張りすぎて自己破産することに

借入額440万円

怪我をしてしばらくの間働けなくなり、その間の生活費などを借りました。

借入額250万円

損切りが出来ない人は投資を行なうべきではない

借入額180万円

先輩に誘われたギャンブルに嵌ってしまった為、借金。

借入額300万円

父親の浪費癖が原因で借金まみれに。それに耐えかねた母親は、子供を残して家を出ていきました。

借入額400万円

全てを失った為に抱えた借金

借入額150万円