リストラされ会社を辞める前に契約したカードローンで借金地獄に。

2019.01.10 更新

アルバイト・パート

借入先業者名
借入額
200万円
借入期間
5年
毎月の返済額
3万5千円

借金をしてからの、生活や環境の変化

会社員としてはそれなりの収入も貰い長年勤めていたのですが、ある日突然リストラを宣告されました。辞めるまでにはそれなりの期間があったため就職活動をすぐに開始しましたが、それだけでは不安でしたので審査に通過する内にお金も借りられる状態にしておこうと考えたのです。本当は駄目なのかもしれませんが、他に方法を思いつかずにアイフルで契約し、結果200万円まで利用できるカードローン契約が行えました。リストラ後は中々再就職できずに、このカードローンで生活していたのです。返済も一気に200万円借りていたため、その借金で一時はできていました。しかし、それも長くは続かずに返済できない状況に陥り、借金における生活の変化に耐えられなくなった妻とも離婚する結果になったのです。

電話が1日に何度もありノイローゼになる程、追い詰められました。

<督促方法>郵便での差し押さえ通告
<督促の詳細>順調に返済できている時には何の連絡もなく、快適に利用する事ができていました。しかし、返済が1ヶ月程滞った時点で、催促の電話が1日に何度もかかってくるようになり、返済できる状況でもなかったため無視していたのです。毎日電話はかかってきていましたが、深夜や早朝などにはかかってくる事がなく、その時だけが心の安らぐ時でした。日中は電話の恐怖に怯えながら、着信拒否しようかとも考えていましたがそれは流石に良くないと感じて耐えていたのです。3ヶ月を過ぎた辺りでアイフルから郵便物が届き、恐る恐る中を見てみると差し押さえ通告でした。一括請求で返済しなければ差し押さえると通告され、人生が終わった感覚をこの時は感じた事を覚えています。電話する勇気もなく、数日は放心状態でした。

専門家に依頼して債務整理を行いました。

どうしたら良いのか自分では判断する事ができずに、専門家に依頼するしかないと感じて弁護士への相談を決意しました。借金問題に強い弁護士を選んで相談に行った結果、すぐに債務整理に関する手続きを行ってくれ、返済を楽にできるようにする事と差し押さえなどの通告を止めてもらうような手続きを行ってくれたのです。差し押さえ通告に関してもまだ裁判所まで手続きが進んでいなかった事もあり、簡単に止める事ができほっとしました。債務整理中には返済も一時行わなくて良い状態になり、心の余裕が生まれて就職活動を再開したのです。正社員は難しくアルバイトとしての仕事でしたが、就職先も見つかり返済もできる状態になりました。債務整理後は無理なく返済する事もでき、現状でも返済していますが問題なく生活できています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理を依頼するなら司法書士・弁護士どっち?費用や手続きの違い

目次債務整理にかかる費用は弁護士よりも司法書士の方が安い司…

債務整理に関係のある色々な期間について理解しよう

目次「債務整理の手続きを弁護士や司法書士に依頼した場合」に…

ギャンブルの借金をなくすために債務整理する際の注意

目次債務整理の注意点とは?借金の原因が「ギャンブル」の場合…

アイフルの債務整理体験談

知り合いの借金返済を助けるつもりで消費者金融からお金を借りた所、知り合いが行方不明になり、貸したお金も返して貰えず、借金を抱える事になりました。

借入額200万円

生活費が足らなくて夫に内緒で借金を重ねてしまいました

借入額220万円

きっかけはブランドものの財布。消費者金融でのキャッシングで、分割払いで購入する感覚で借入してしまった。

借入額約130万

安定的に借金を返済できるようにしてくれた

借入額140万円

払える額に変更できました。

借入額150万円

やってみたら簡単でした

借入額150万円