友達の借金を肩代わりして借金地獄になりました。

2019.04.09 更新

借入先業者名
借入額
310万円
借入期間
2年9ヶ月
毎月の返済額
14万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

借金は何度も借りると癖になってしまいます。最初は怖いので少しだけ借りるのですが、何度も借り入れするうちに限度額まで借りるようになってしまいました。気がついた頃には、借用書の山でした。計算をすると、毎月の返済額が私の給料の6割を占めるようになったのです。家賃を払うと返済額未満しか残りません。冷静になってみると、とんでもないことをしていると気づきました。それから私は、精神的に不安定になり、拒食症になってしまいました。体重も1年で15キロ以上痩せてしまい、着れる服がありません。服を買うお金もありません。将来に対する希望もないことを知った私は、部屋の中で一人涙を流していました。とにかく、何か目に見えないものに追われているような日々が続いていたのです。

貯金は150円しかなく、支払うことができませんでした。

<督促方法>電話と郵便で督促が来た
<督促の詳細>支払いを滞ってはいけないと思いましたが、お金がない以上はどうすることもできません。これ以上借りても傷を大きくするだけですので、私は滞納を選んだのです。滞納するとまもなく滞納した業者から督促状が届きます。督促状には、期限までに返済することができなければ法的手段をとるほか、延滞損害金が発生すると書かれています。それを読んだ瞬間、絶句しました。声にならない声が出たのです。数日すると、督促は電話でも行われるようになります。携帯電話に朝昼晩の3回はかかって来ます。1度、電話に出て弁明をしましたが、受け入れてくれませんでした。もう少し待って欲しいと伝えても、期限までに払ってもらわなければ困ると言われるだけです。両手両足を縛られた状態の私は、弁護士さんに助けを求めるしかないと考えるようになりました。

弁護士さんに電話をして解決を依頼しました。

弁護士さんは、荒んだアウトローのような生活を送ってきた私にとっては、雲の上の人という感じです。法律事務所に行って相談をすると、弁護士さんは『借金なら減額することならできます』と意外な一言を放ちました。私は、それまで弁護士さんを直視できずに床の方に目をやりながら話していましたが、減額できると聞いた瞬間、顔を上げて弁護士さんの目を見つめました。減額する方法を詳しく聞いてみると、任意整理をすることができるということでした。今までの債務を3分の2ほどに減らしてくれるのです。これから発生する利息をなくすことは可能ということでしたので、お願いをしました。任意整理を実行したことにより、毎月支払いやすい返済額になりました。おかげで2年以上かかりましたが、無事完済することができました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

任意整理で月々の返済額はどのくらい減る?

目次任意整理とは?メリットは主に2つ!任意整理によって月々の…

任意整理ができない3つのケースとその対処法

目次任意整理できないケース1|任意整理後の支払いをできるだ…

任意整理で借金の元金減額も可能?減額されない時の対策も紹介

目次任意整理でいくら借金が減る?その仕組みとは減額のポイン…

楽天カードの債務整理体験談

借金の悩みが亡くなりました。

借入額120万円

パチンコにはまって借金を作りました

借入額100万円

キャッチセールのローンで借金をしてしまいました

借入額180万円

アイドルのハワイツアーに行くために借金をしました。

借入額220万円

婚活のための買い物で借金となりました

借入額80万円

生活をする為に借金をしました

借入額90万円