パチンコにはまり借金をどんどんしてしまいました。

2019.01.10 更新

会社員

借入先業者名
借入額
500万円
借入期間
2年
毎月の返済額
5万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

楽天カードで500万円の借金をして、返済に追われて生活基準は格段に下がりました。もともと月の給料は20万円ほどで家賃や光熱費の支払いに10万円、携帯料金として2万円ほど無くなるので、生活費は8万円程でした。8万円あれば一人暮らしでしたし、切り詰めながらも生活は困らずに送れていました。パチンコをすれば勝った月は贅沢もできていました。しかし借金の返済が始まってからは生活費が3万円程度しか無かったので、かなり厳しく返済が滞るようになってしまいました。1ヶ月滞ると翌月に2か月分の請求が来るので、全く足りず支払えなくなり、どんどん月日は過ぎ請求書が届く割合が増えていきました。その後催促の電話がかなりかかってくるようになり、出ないで過ごしていたら自宅まで訪問され差し押さえをすると言い渡されました。

通知の手紙や電話、自宅への訪問がとめどなく行われ、気持ちはいつも不安でいっぱいでした。

<督促方法>電話、郵便、自宅訪問、差し押さえ
<督促の詳細>まず初めは郵便での支払い通知と催促の手紙が届くようになりました。頻度としては月に一通程度でしたが、催促に応じず2ヶ月ほど経つと月に4通もの通知と手紙が届くようになりました。しかしそれらの書類も無視していたら電話がかかってくるようになりました。知らない番号だったので初めは出ませんでしたが、何度もかかってくるのでかけ直すと楽天カードからでした。怖くなりすぐに切りましたが毎日何度も着信がありました。その後夕方6時頃になるとスーツを着た人が訪れてくるようになりました。借金の取り立てには怖い見た目の人が来るのだというイメージでしたが、一般的なサラリーマンと同じような風貌でした。何度もインターフォンを鳴らされ、名前を呼びながら玄関のドアを叩かれました。

怖くで全く応じずに身を隠していました。

通知や手紙に関しては全て保管しておきましたが、督促に答えられませんでした。毎日とめどなく着信があることに対しては恐怖心を抱き、着信拒否しました。自宅に楽天カードがら借金の取り立てに来られた時は、かなり怖いと感じたので鍵を閉めチェーンも掛けて息を殺して身を隠すようにして、その場をやり過ごしました。その後帰宅時間を把握されたようで自宅の前で待たれていることもあったので、友人宅に泊めさせてもらい、自宅に帰らなくなりました。その後しばらくすると会社に電話がかかってきたと社長から言われ、借金の取り立てをしてきている会社から給料を差し押さえられてしまいました。
生活が困難になりましたし、これからどうしたら良いか分からなくなり、弁護士に相談し差し押さえをやめてもらう対処をしてもらいました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理する際に借金をした理由は関係がある?

目次債務整理には代表的な方法として「任意整理」「個人再生」…

アメックスの借金を債務整理する前に!気をつけておくべきポイント

目次アメックスの特徴アメックスの借金を債務整理するときの注…

債務整理はバレない?家族や会社に内緒で借金返済する方法

目次債務整理の中には家族や会社にバレやすい手続きもある自己…

楽天カードの債務整理体験談

スマホゲームで借金地獄に…

借入額総額200万円

250万の借金を背負った私が任務整理を選択するに至った話

借入額250万円

料理下手を隠すために借金をしてしまいました

借入額130万円

企業に伴い生活が苦しくなって借金をしました

借入額180万円

保険適用外の手術を行う予定だったのですが、その時の検査結果が悪く、更に他の手術も必要となったため借金をするに至りました。

借入額180万円

オタクが自立して借金を抱えて債務整理

借入額90万円