離婚しシングルマザーになり、子供との生活費のために借金をすることになりました。

2019.03.30 更新

主婦

借入先業者名
借入額
550万円
借入期間
2年間
毎月の返済額
3万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

借金をしだした頃は生活費が足りずに困っていたので、借金によって子供に必要なものを買い揃えることが出来ましたし、毎日の食事もしっかりと購入できるようになりました。しかし、どんどん借金は増えていき、給料からの返済に困るようになりました。1ヶ月返済が遅れてしまい、翌月に返済金額が倍になったことにより支払う事が出来なくなりました。それから毎月返済金額がかさんでいくためパニックになってしまいました。プロミスから300万円借りていた分の返済が出来なくなったので、その返済に当てるためにアコムから250万円借りました。返済のためだと思って借り始めたのですが、生活費の方に使わなければいけなくなってしまったり、結局プロミスとアコムのどちらもの返済が滞ってしまいました。

支払いの督促がどんどんヒートアップしていき恐怖を感じました。

<督促方法>電話、郵便による督促、自宅の訪問、実家訪問
<督促の詳細>督促に困り果てた私は精神病になりました。電話は毎日のようにかかってきますし、自宅に訪問された時は玄関の前で待ち構えられていて、玄関のドアを無理やり引っ張るように開けられ、名前を確認されて督促に応じることは出来ないと答えると、近所中に聞こえるような大きな声で、私の名前と借金の返済を滞っているということを話されました。警察を呼ぶと言うと追い返すことが出来たのですが、ノイローゼが酷くなり入院することになりました。子供は実家に預けていたのですが、私の知らないところで取り立ての人が実家にも訪れたようで、知らされてより病状は悪化してしまいました。保育園へ通わせていて、家族の目が離れている時に子供に、危害を加えられるのではないかという不安に駆られました。

病院の医師と弁護士に相談し、自己破産することになりました。

私は病気を治すためにしばらく入院しなければいけなくなり、仕事を辞めてしまったので、これから先借金を返済していくことは不可能だと思い、どうにか追われる恐怖から開放されたいと病気を見てくれている医師のカウンセリング時に話したところ、弁護士に相談することをおすすめされました。弁護士の方に依頼すると病院まで来てもらえて、自己破産のための申請について教えてもらい、実行することになりました。自己破産が成立するまでの間は督促に一切答える必要は無いと言われていました。破産宣告が成立するまでの間に、取り立ての人が病院まで御見舞だと称し、私の病室まで来て返済の督促の話をしてきたり、ロビーに呼び出されたこともありました。病状が悪化していく私を見て病院側が追い返すように対処してもらい助けてもらいました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

2回目の債務整理(任意整理)は可能!1回目と異なる注意点

目次2回目の債務整理は可能。しかしデメリットを受ける可能性も…

オリコの返済に困った!任意整理で借金の返済額を減らせる

目次オリコなどのクレジットカードも任意整理できるクレジット…

任意整理後の賃貸契約で注意すべき点

目次任意整理してブラックリストに載っても賃貸契約を結ぶこと…

プロミスの債務整理体験談

問題のある借金でも減額できました

借入額230万円

債務整理で普通の生活を取り戻せました。

借入額148万円

ブランド品にはまり、夫に内緒で借金。返済苦で夫とも離婚する事に。

借入額200万円

借金から開放されました。/38歳会社員

借入額200万円

勤務先の倒産による失業をきっかけにして借金生活に。

借入額150万円

夢だった旅行ができました。

借入額180万円