生活費の足しにちょこちょこ借りていました

2017.11.29 更新

借入先業者名
借入額
80万円
借入期間
1年6ヶ月
毎月の返済額
3万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

毎月生活費が足りなくて極限状態で、暮らしていたんです。これじゃ、まともな生活が出来ないなと感じたので、いざという時にあれば便利だなと思ったので、クレジットカードを作りました。作ったカードは、楽天カード、エポスカード、トヨタTSカード、イオンカードです。それぞれ20万円ずつ借りたんですが、大きく借りた事は無いんですよ。借りる時はいつも1万とか2万くらい借りていました。それが、塵も積もって80万円の借金になってしまいました。毎月の返済額が、3万円になってしまったので、ただでさえ生活がきつかったのが余計苦しくなりました。滞納するのは怖かったので、親から少し借りたり、友人から借りたりしてなんとか毎月クリアしていっていたんです。しかし、友人や親からお金を貰ったわけではなかったので、それも返済しないといけないようになってしまい、結果的にパンク。全て滞納してしまいました。

思っていたよりも怖かったです

<督促方法>電話、郵便での督促
<督促の詳細>楽天カード、エポスカード、トヨタTSカード、イオンカードから督促を受けました。督促といっても一概に同じような督促ではなかったです。楽天カードは、とにかく少しでも支払いをしてくれと毎回言われました。3千円とか5千円とか具体的な数字を出してくるんです。エポスカードは、滞納してる額全てを支払ってくれ、と電話をする度に言われました。自宅訪問もしてきました。本当に怖かったです。トヨタカードは、電話での督促は無かったです。郵便物が定期的に送られてきて一括請求をされました。それを放置していたら、債権回収会社に債権譲度されました。債権回収会社からの督促が、凄く厳しかったです。イオンカードも同じく債権回収会社に債権譲度されました。たしか、3ヶ月目に譲度されました。そこの債権回収会社は話し合う余地がありました。

弁護士に相談をしました

債権回収会社に債権譲度されたり、一括請求されたり、と自分では解決が出来ないような状態になってしまったので、弁護士に相談をしました。初回相談料無料の弁護士事務所に、最初に出向いて相談をしたんです。しかし、全然解決してくれるような話をしてくれなかったので、そこには依頼をしませんでした。次に相談した弁護士事務所は、1時間5千円の相談料がかかる事務所だったんですが、とても親身になって対応をしてくれました。過払い金請求じゃないので、あまりお金にならない案件だったと思うんですが、熱心に対応してくれました。督促はすぐに止めてもらい、毎月の返済金額の減額を業者に交渉してくれたんです。その結果、毎月の支払額が、3万円から1万5千円にしてくれました。弁護士費用もとても良心的でした。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理は結婚に影響しない!結婚したらローンは組めるのか?

目次結婚前の債務整理には任意整理がおすすめ【結婚生活に影響…

債務整理に関係のある色々な期間について理解しよう

目次「債務整理の手続きを弁護士や司法書士に依頼した場合」に…

ポケットカードの借金を債務整理する前に!気をつけておくべきポイ…

目次ポケットカードの特徴ポケットカードの借金を債務整理する…

楽天カードの債務整理体験談

聖地巡りに嵌まって借金をしてしまいました

借入額100万円

甘かった自分の判断に反省/32歳フリーランス

借入額240万円

仕事の先輩との付き合いが多く借金。

借入額120万円

単身赴任で転勤し、接待や付き合いのほか遊興費が増えたことで毎月の生活費が不足し、カードローンなどで借金をしました。

借入額約1200万円

脱サラした喫茶店に失敗して借金を背負いました

借入額230万円

お金の貸し借りは親族間でも慎重に!

借入額220万円