大学の授業料の支払いに困って借金に頼ってしまいました

2019.02.06 更新

学生

借入先業者名
借入額
120万円
借入期間
5年2か月
毎月の返済額
2万5千円

借金をしてからの、生活や環境の変化

大学の授業料を自分で支払っていたので、きちんとバイトなどをしてお金を稼いでしました。しかし過労が祟って体調を崩すことが多くなり、収入が安定しなくなってしまいました。ですが授業料は滞納出来ないので、仕方なく自宅から近い場所にあった消費者金融の業者が設置しているATMで、お金を借りてしまいました。その後も体調は改善しなかったので、何度も授業料のために借金を続けてしまいました。ですが借金を開始した次の月から返済をしなくてはいけなくなり、あっという間に借金地獄が始まりました。いくらバイトで稼いでもすべて授業料の支払いに消えるので、借金の返済はほとんど出来ない状態でした。しかも大学を卒業後は良い会社に就職出来なくて、給料がとても安かったので、結局返済を滞納するようになってしまいました。

自宅や実家に加えて勤務先にまで取り立ての連絡がありました

<督促方法>電話・郵便での催促
<督促の詳細>仕事を始めてからも返済を滞納することが多くて、きちんと定期的な返済をしなかったので、どんどん返済を迫る催促状が自宅に届くようになりました。自宅だけなら良かったのですが、実家にも色々と返済を要求するような手紙が届くようになり、やめて欲しいと思っていました。また滞納している期間が長くなってしまうと、勤務先の会社にまで連絡が来るのですごく怖いなと感じました。会社へのアプローチは本当に困るので、業者に会社へ催促状を送るのはやめて欲しいと頼んだのですが、その後もずっと郵便が届き続けたのですごく不快でした。あまりにも酷い対応にすごく落ち込んでしまい、体調を崩して会社を休むことが多くなりました。それに生きる気力がなくなり、自殺してしまおうかと悩んでいました。

両親が紹介してくれた弁護士に相談をさせてもらいました

あまりにも思い悩んでいる私を心配した両親が、借金の問題に精通した知り合いの弁護士の方を紹介してくれました。色々と私が置かれている状況を説明して、どのように対応すれば良いのか相談したのですが、弁護士の方がすぐに厳しい取り立てに対して動いてくれて、債権者側にきっぱりとやめるように忠告してくれました。また取り立ての問題だけではなく、借金の問題にもきちんと対応してくれて、計画的に返済が出来るように返済プランを細かく作ってくれたので助かりました。そしてその返済プランを債権者とすり合わせてくれて、借金の総額から毎月の返済金額までを適切な金額に整えてくれたので、毎月の返済をきちんと行えるようになりました。弁護士の方の素晴らしい対応のおかげで、精神的に落ち着いた生活を取り戻せました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

ポケットカードの借金を債務整理する前に!気をつけておくべきポイ…

目次ポケットカードの特徴ポケットカードの借金を債務整理する…

債務整理でブラックリスト入り…デビットカードは利用可能?

目次債務整理後でもデビットカードは発行・利用できるデビット…

アコムの返済に困った!任意整理で借金の返済額を減らせる

目次利息をカットも|アコムの借金を任意整理するメリットまと…

プロミスの債務整理体験談

大学時代から勤めていた会社が倒産して債務整理を

借入額160万円

人生観が変わりました

借入額160万円

幸運にも任意整理にたどり着き、借金を完済できました

借入額200万円

親が営んでいた自営業の経営悪化し資金繰りのお金が必要のため、借金してお金を渡しました。

借入額150万円

ダイエットに夢中になって借金をつくりました

借入額180万円

スマホゲームで借金地獄に…

借入額総額200万円