FXで失敗をして借金状態になりました。

2019.03.14 更新

会社員

借入先業者名
借入額
220万円
借入期間
3年1ヶ月
毎月の返済額
10万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

FXで予想に反してマイナスになり、手持ちのお金がすべてなくなったのです。それだけでなんとか済んだのが幸いでした。ただ、次の給料が入ってくるまでの生活費が出せません。そこで、私は5万円だけ借金をすることにしたのです。当時はまだ余裕があり、友達との飲み会に参加することもできるほどでした。ところが、私に不運が襲いかかかります。借り入れを初めて2年が経過した頃です。その頃、私は派遣社員以外に深夜バイトをする程の生活になっていたので体調が悪くなり、倒れてしまったのです。それから数週間は安静の状態でした。私は滞納をし始めます。安静の時も焦って仕事に行きたかったのですが、結局体調が直りきっていないのでどうすることもできず、滞納をする選択しかありませんでした。

貯金は2000円しかありませんでした。

<督促方法>手紙での督促です
<督促の詳細>カード会社のローンはギリギリ支払っていました。利息分だけでも支払えば、なんとかなったからです。ところが、消費者金融から借りたお金は元本と利息を一括で支払うことが必要です。利息だけの支払いだと滞納扱いになってしまいます。その元本の部分がどうしても返済することができず、滞納をすることになったのです。滞納してからしばらくすると、ポストに1枚の葉書が来ていました。督促状でした。文面を読むとそれほど厳しい内容のことは書かれていません。ところが、もう一回滞納をすると、今度は厳しい内容の文面の督促状が送られてきました。督促状を持つ手が震えました。そこに書かれていた内容は、延滞損害金の支払いも発生することと、次回支払うことができなければ裁判所に訴えるというものだったのです。

知り合いの紹介の弁護士に解決を依頼しました。

督促状には、裁判所に訴えると書かれていますが、どう考えても私には返済するお金はありません。生活も切り詰めてもこれ以上支払うことが無理でした。頭が真っ白になり、しばらく立ち尽くしていました。翌日、過去に借金を滞納したことがある知人に藁を藻つかむ思いで電話をすると、弁護士を紹介してくれたのです。私は、ありがとうとお礼を言って、早速その弁護士事務所に電話をしました。弁護士事務所の弁護士さんに今までの流れと今の状況を話すと、『事務所に来てもらい、詳しいお話を聞きたいのですがいかがですか』と言われました。私はその日のうちに事務所に行ってみました。詳しい内容を話すと、任意整理の手続きをしましょうと言うのです。結果的に、任意整理をしたことで、私の債務は大幅に減額されました。それから2年ほど経過してようやく完済にこぎ着けたのです。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理すると家族に迷惑をかける?家族への影響と注意点について…

目次どの債務整理を選ぶかで家族への影響は異なる任意整理が家…

債務整理に関係のある色々な期間について理解しよう

目次「債務整理の手続きを弁護士や司法書士に依頼した場合」に…

2回目の債務整理(任意整理)は可能!1回目と異なる注意点

目次2回目の債務整理は可能。しかしデメリットを受ける可能性も…

セゾンカードの債務整理体験談

株の信用取引をきっかけに多額の借金を背負ってしまいました

借入額350万円

人生観が変わりました

借入額160万円

債務整理をして得ることが出来た平穏

借入額400万円

250万の借金を背負った私が任務整理を選択するに至った話

借入額250万円

彼氏に貢ぐために給料だけじゃ足らず借金。それが重なって借金ばかりの生活を送る羽目になってしまいました。

借入額200万円

実家の両親が生活に困っているというので借金をして仕送りをしていたら、自分が借金地獄にはまってしまいました。

借入額200万円