金額を計算せずに洋服を購入していたら返済不可能に。

2019.04.09 更新

OL

借入先業者名
借入額
130万円
借入期間
6年間
毎月の返済額
5万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

自分は昔からお金の計算が苦手でした。あればあるだけ使ってしまうタイプだったのです。20歳になってからクレジットカードを始めて作りました。そのカードがニコスカードです。支払いはほとんどクレジットで行っていたのですが、請求が翌月や翌々月になるのでお金がなくてもバンバン買っていました。その月になれば何とかなるだろうと正直安易に考えていました。そんな自分がバカだったのです。ある日いつもと同じように買い物をしていてクレジットカードで支払いを行いました。しかし、カードがなんと利用不可になっていて驚きました。ショッピング枠は50万円で、上限に達してしまい使用できなくなっていたのです。とりあえずクレジットが使用できないので、当面の生活資金としてレイクからお金を借りることにしました。ここから返済地獄が始まります。

レイクからの督促が何度か合りましたが、1度電話に出ていい訳をしたきり電話には出ないようになりました。

<督促方法>電話
<督促の詳細>自分の携帯に頻繁に連絡が来るようになり、話すのが面倒になったので連絡は一切無視していました。そしたら今度は会社に電話が来るようになりました。大体借金を放置してから半年くらい経った頃から掛かってくるようになりました。レイクからとは名乗っていなかったらしいのですが、身に覚えのない苗字の方から自分宛てに連絡が入って1回電話を代わった時にレイクという事が分かりました。今からすぐ出なければならないとまた言い訳をして難を逃れたのですが、それ以降も電話がたまに掛かってきて職場に借金がバレるのは自分の立場的にもマズかったので借金を何とかしようと思いました。ちなみにニコスカードの支払に関してはレイクからのキャッシングですべて支払済みです。しかし、怖くなって使わなくなりました。

利子や遅延損害金が減額出来ないか業者に直接交渉した。

いよいよ支払いをしなければならないと業者に自ら連絡を入れた時には1年程度滞納していました。利子と遅延損害金を含めたら元金よりもプラスになっていました。そして、レイクに自分から連絡を入れて返済について相談をしました。元金はきっちり支払うので利子などを減額出来ないか相談したのですが、玉砕しました。無謀だろうなとは思っていましたが、もしかしたらという気持ちも心の奥底にあったのです。何度お願いしても無理でした。お金が出来たら返済を再開してください、と業務的な対応を受けて交渉の余地も何もありませんでした。元金自体は80万円で利息を含めたら100万円弱になっていました。元金が減れば当然掛かる利子も減って行くので返済は楽になりますよ、と言われてその担当の方の指示に従って毎月4万円ずつ支払い、なんとか完済することができました。金輪際借金はしません。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

三菱UFJニコスの借金返済体験談

チューニングカーにはまったことがきっかけです。当時は外食レストランで店長をしており、年収も税引き前で700万を越えていました。それなのにローンが通らなくなりプロミスとアコムから50万ずつ借りました。

借入額600万円