競馬で負けて借金をするようになりました。月収は19万円です。

2019.03.30 更新

会社員

借入先業者名
借入額
220万円
借入期間
2年2カ月
毎月の返済額
12万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

借金をしてからすぐに生活に変化があったわけではありません。最初の頃は返済に余裕があり、普通に生活をしていました。ところが、調子に乗って借りているうちに、返済が間に合わなくなってきたのです。馬鹿なことに私は利息の計算を間違えていました。それが原因で、食費を削るなければならないほど、返済に苦労をしていました。まずは、一日一食にしました。ですが、給料の少ない月はそれでも足らず、深夜にバイトを始めたのです。そんな生活が3ヶ月も続き、体力的に限界を迎えた私はとうとう職場で倒れてしまいました。気がついたときには病院のベッドの上でした。今まで必死に働いてきましたが、病院のベッドの上では時間がたっぷりありましたので、今までのことを振り返ると涙が出てきたのです。当然、その間に支払いすることができず、滞納することになったのは言うまでもありません。

働いていましたが、手持ちのお金は1,000円だけでした。

<督促方法>電話と郵便の両方で督促
<督促の詳細>滞納するようになると、督促状が届きます。私が初めて督促状を手にしたのは、返済を滞ってから3週間位が経った頃でした。ポストを見るとハガキが入っており、いつまでに支払って下さいという内容が書かれていました。ただし残念なことに、私には支払うお金が残されていません。他の会社から借りようとしても、審査が通らず、ヤミ金から借りるしか方法はありませんでした。いくらなんでもそれはまずいだろうと思い、結局支払うことができないまま時間だけが経過していったのです。督促状の2通目が届いた時には精神的にかなり病んでいました。督促状には、返済しないと法的手段も辞さないと書かれてありました。私の意識は遠のき、その場で座り込んでしまいました。少し寒くて暗い部屋での出来事です。

弁護士事務所に電話相談をしました。

一人でいると孤独になってきます。知らない間にネガティヴなことばかりを考え始めるのです。一人暮らしでが相談できる相手もいないため、なんとかしなければならないと思い、過去に借金を滞納したことがある友人に電話してみました。どうやって解決したのか聞いてみたところ、弁護士事務所に相談をしたということでした。そこで私も弁護士事務所に相談をするために震える手で電話をしてみました。5分ぐらい会話をすると、後日事務所に来て欲しいと言われました。事務所では、任意整理をしたほうがあなたにとって良い結果が出ると言われたので弁護士さんに従うことにしました。結果的に利息の引き直しをして債務が減少したため、返済しやすくなったのです。今思えば、あの時弁護士さんに相談して本当に良かったと思います。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

任意整理をするなら必ず押さえておくべき手続きの流れ

目次任意整理を依頼した場合の具体的な流れを把握する面談から…

債務整理するべき基準と知らなきゃ損する年収との関係

目次債務整理はどのタイミングでするのがベストか債務整理する…

任意整理と自己破産・個人再生の違いは?最適な借金返済手続きはど…

目次自分にはどの債務整理が最適?任意整理とは?任意整理のメ…

ジャックスの債務整理体験談

お金の使い方を考え直すきっかけになり、完済にむけて頑張っています

借入額180万円

借金が減って精神的に楽になった

借入額210万円

スッキリとさせた借金問題

借入額150万円

分割払いをリボ払いに変えると危険です

借入額270万円

個人再生手続きで借入額を減額しました

借入額500万円

趣味が仕事と連動していました

借入額400万円