会社の破綻に伴い給料が大幅にカットされたのがキッカケ。パチンコと麻雀で更に借金悪化。

2019.04.09 更新

30代会社員

月収
年収1,000万円
借入先業者名
借入額
500万円
借入期間
6年
毎月の返済額
18万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

年収は割と良い方でした。30代で年収は1000万円程度でマイホームも購入しました。その当時で7000万円程度の戸建てを購入しました。妻と娘と三人で暮らしていたのですが、会社の業績が悪化してきて状況は一変しました。まず、私が本社へ辞令が出て単身赴任になりました。この段階では年収は下がらずそのままで、しかし二重の生活になるので生活費は以前よりも掛かるようになったのです。単身赴任をしてからストレスで麻雀やパチンコもやるようになり、自分の口座にある貯金はどんどん減っていき、この時期から妻に内緒で消費者金融からお金を借りることも多くなりました。そして追い打ちをかけるように会社が破綻して年収が一気に下がったのです。1000万円から500万に下がったときには目の前が真っ暗になりました。一般的にいうと標準かもしれませんが、自宅のローンが毎月20万円あるので家計は一気に火の車です。

資金繰りが難しかったので少しだけ支払いを待ってもらうようにお願いしました。

<督促方法>電話
<督促の詳細>単身赴任の時点で妻に内緒でアイフルとアコムから借りていたのですが、アイフルの支払が厳しくなったので一時的にレイクから融資を受けました。もう最悪です。アイフルだけ延滞してしまったことがあり、その時の資金繰りとしてレイクを利用しました。アイフルからは督促の電話が何度もありましたし、これ以上支払いが伸びるようならば会社に連絡がいくようになるとも言われて急いでお金を用意した次第であります。立場もあって会社にバレるのだけはまずかったので何とかしなければダメだと思って弁護士さんに相談することにしたのです。私の親戚で弁護士をしている人がいたので、その方にこっそり相談してみました。自己破産するにも持ち家があるので出来ないですし、このままローンを支払うことも難しいので家を売ることを勧められました。

マイホームを売却して返済に充てた。

多重債務者な上に借金の金額が年収程度あったので利息だけ支払って元金は減らない状態が続いていました。親戚の弁護士に相談した結果、今の家のローンが生活を圧迫しているので今後の事も考えて手放して返済に充てるのが一番良い方法と言われたので家を売却することにしました。マイホームがあるので自己破産は出来ず、その代わりに個人再生という手もあったのですがまず借金がなくてもローンを支払い続けるのは無謀なのでやはり家を手放すのが一番だと思い、妻を説得して売却しました。その資金で借金の返済に充てて完済することができました。こっそり借金していたことや会社の破綻で給料が大幅に下がったことから妻との関係が悪くなったのは確実です。しかし自業自得の部分も多いので、これから信用を取り戻すためにも家族の為に仕事を頑張っていこうと頑張っている最中です。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

レイクの借金返済体験談

ギャンブルで多額の借金を作ってしまいました

借入額250万円

主人が失業して一時的に生活費が必要になったため。

借入額100万円

働けなくて借金で生活。多重債務で借金地獄に。

借入額100万円

様々なギャンブルを行い借金。返済よりギャンブルに使い返済不可能に。

借入額100万円

無計画にお金を使い借金してもそれは変わらず、返済が苦しい状況に。

借入額60万円

とにかく飲み歩いては散財していました。給料もボーナスも底をつき、生活費補填のため消費者金融からの借り入れを始めました。

借入額110万円