自動車期間工で働いていたが、その後フリーターになってしまい、借金が増えた。

2017.11.29 更新

アルバイト・パート

借入先業者名
借入額
140万円
借入期間
3年1ヶ月
毎月の返済額
3万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

大学を中退して、フリーターをやっていましたが、借金癖があり、頻繁に借金をしていました。借金を一気に返済してしまうため、自動車期間工で働き始めました。1年間で420万円くらいの収入が入り、さらに寮費、水道光熱費が無料だったので、借金がゼロになった上、お金が余るようになりましたので、欲しいものを買うようになりました。1年間働いて、期間満了で失業をしました。その後、しばらくは遊んでいましたが、あっという間に資金が底をつき、借金が増えていきました。いざとなったらまた期間工で働けばよいと考えていたので、借金が100万円を超えても余裕でした。しかし、もう一度期間工の仕事に応募をしても採用されず、フリーターとして月収が20万円くらいの仕事しか見つかりませんでした。借金の総額が140万円になった頃に、そのままでは借金が返済できないということに気がつきました。すでに3ヶ月滞納をしていて、一括請求がきていました。

ストレスが溜まっていて、精神的に弱っていましたので、支払い催促が来ても無視していました。

<督促方法>電話・郵便での督促、一括請求
<督促の詳細>最初は郵送で支払いの催促がありました。それとほぼ同時に、電話での催告もありましたが、「給料が出るので、今月中には支払います」などと言って、ごまかしていました。その後も電話はかかってきましたが、無視をするようになりました。2ヶ月が経過した頃に、「期日まで支払いがされなかったら強制的に契約を解除し、一括請求をします」というような内容の書類が送られてきました。普通ならそこで支払うか、弁護士に相談をするのでしょうが、私は精神的にかなり弱っており、請求を全て無視していました。すると、一括請求が来て、「100万円以上を一括で支払ってください」といった内容の通知が来ました。遅延損害金が全額に対して20%かかり続けてしまうという大変な状況になり、私は司法書士に相談をしようと決めました。

司法書士に相談をして、任意整理をしました。

インターネットで調べたところ、司法書士でも140万円以下の借金なら任意整理ができるということを知ったので、少しでも費用を節約したいと思って、司法書士に相談をしました。いくつかの法律事務所にメールや電話で相談もしてみました。司法書士に依頼をしたら、すぐに請求は止まりました。その後、およそ3ヶ月間も待つことになりましたが、この3ヶ月間はむしろありがたかったです。なぜなら、任意整理の手続きを開始して、和解が成立するまでの間は、完全に支払いをストップできるからです。この間に10万円くらいを貯金しました。任意整理をするとクレジットカードやローンが利用できなくなるので、最低でも20万円くらいは手持ち金を用意しておくべきだと思います。3ヵ月後に司法書士から連絡があったので、事務所に行って、和解契約を結びました。利息と遅延損害金を全額免除してもらって、3年間で返済をしていく計画を立てました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

銀行のローンも債務整理で返済を減らすことができる!?

目次銀行のローンも「借金」と同じ仕組みです。銀行ローン以外…

アルバイトでも債務整理できる?

目次「安定した(継続的な)収入」があることがポイントアルバ…

借金問題解決のため、夫婦で債務整理をする場合について

目次夫婦のどちらも借金がある場合の債務整理について夫婦で借…

セディナの債務整理体験談

家族にも協力してもらいました。

借入額90万円

生活費が足りなかったので。

借入額100万円

車は失い、家を守れました。

借入額200万円

返済額が減らせました/29歳アパレル店員

借入額40万円

多重債務を抱えていた友人を助けるために借金をしました。

借入額総額155万円

安く業者と交渉できました。

借入額180万円