車が欲しかったので借金をしました。

2019.03.30 更新

借入先業者名
借入額
260万円
借入期間
2年5カ月
毎月の返済額
11万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

どうしても欲しい車があり、自動車ローンを組もうとしたのですが、審査に通らなかったため、消費者金融からお金を借りることにしました。借金をしている間は、生活に変化はありませんでした。しかし、欲しいものを先に買ってしまい、後になって借金だけ残る生活は意外と辛いです。さらに、車のパーツなどを購入していくと、借金は膨らみ、とうとう4つ目の貸金会社に手を出してしまいました。そこまでいくと、返済するのも困難になり、食事にお金をかけられなくなってきたのです。会社に通勤する場合も、バスを使わずに歩いて駅まで行っていました。夫婦の関係も少しずつ悪くなり、家にいるのが辛くなってきたほどです。いくら夫婦とは言え、私が勝手に借金をしたので嫁さんは私に対して不信感を抱くようになったのです。

督促が来た時は、貯金が5万円しかありませんでした。

<督促方法>電話と郵便物で督促
<督促の詳細>4つの会社から借り入れをすると、毎月の返済額もかなり多くなります。その結果、とうとう借金を滞納することになってしまいました。滞納してからしばらくすると、督促状の葉書が来ました。督促状に書かれていた内容は、期限までにお金を返済してくださいという内容だけでした。特に裁判所に訴えるといった内容のものはなかったのです。ですが、毎月の住宅ローンを優先して払ってしまうと、どうしても返済することができないのです。私は、弁護士に相談をしようかどうか迷いましたが、そのまま督促状をスルーをしてしまいました。滞納2ヶ月目には電話が頻繁にかかってくるようになりました。もう少し待ってほしいと伝えても、早く支払ってくださいと返事があるだけです。毎日のように電話がありますが、私は電話に出る事はしませんでした。ただ、私にとって精神的に大きな負担になったので、体調が悪くなり、会社に行くのも困難になったのです。

法テラスに相談しました。

この後のことをどうするべきか夫婦で話し合ったところ、弁護士さんにお願いすることにしました。ただ、知り合いの弁護士もいませんでしたので、法テラスに相談することにしました。私は、自己破産を覚悟して相談に行きましたが、特に自己破産をするは必要なく、任意整理をすれば問題ないということでした。詳しく聞いてみると、任意整理をすることで、現在ある債務を減らすことができるというのです。しかも、裁判所には関わることがありませんので、費用も安くなります。
弁護士さんにお願いをしてからは、督促がピタリと止みました。そして、相談をしてからちょうど4ヶ月が経過した頃、60万円ほどの債務は消滅し、毎月の返済額がかなり軽くなりました。それから2年ほど経過した時に、借金の完済をすることができたのです。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

銀行のローンも債務整理で返済を減らすことができる!?

目次銀行のローンも「借金」と同じ仕組みです。銀行ローン以外…

借金の任意整理を専門家に依頼したい!費用はどれくらい?

目次借金の「任意整理」、専門家へ相談するのを躊躇させる費用…

債務整理でブラックリスト入り…デビットカードは利用可能?

目次債務整理後でもデビットカードは発行・利用できるデビット…

プロミスの債務整理体験談

過払い金の対象だったのでお金が貰えました

借入額200万円

パチンコで貯金を使い果たし、借金の山になりました。

借入額160万円

子供の教育資金の準備不足

借入額120万円

膨れ上がった借金に困っているなら相談しよう

借入額230万円

借金苦の生活から抜け出せました

借入額190万円

過払い金で一財産できました。

借入額230万円